出版社エディターブログ

全ページ1回だけ立ち読み 公開中!

2010年11月12日 11時58分  「全ページ1回だけ立ち読み」企画で、ゴブリン書房の4作品が公開中です。

・ぷかぷか
・森のイスくん
・まよなかさん
・スケッチブック

タイトルが気になっていた方、表紙が気になっていた方、作家さんのファンの方・・・これを機会にぜひ内容を確認してくださいね。

全ページ1回だけ立ち読み 公開中!

出版社おすすめ

  • 「希望」という名の船にのって

    本格ジュブナイルSF登場!!
    二○XX年、地球に正体不明の病原体が広まり、人類は絶滅の危機におちいっていた。
    病原体から逃れるべく、いつ終わりを迎えるかわからない旅に出発した人々がいた───。

    ヒロシは、地球のことを知らない「船生まれ」の子ども。午前中は教室で勉強し、午後は農場で食糧となる作物を育てる、自給自足のシステムが整った船内では、それがあたり前の日常だった。だがある日、立入禁止の部屋の窓から見たものは、ヒロシがそれまで考えもしなかった、驚くべき光景だった……。(小学上級から)

  • クルミ森のおはなし3 森の葉っぱのジグソーパズル

    魔法のおふだ」の力で、カズの待つクルミ森に引きよせられたコータ。コータは、「ソカイ」先でこまっているカズを元気づけます。けれど、おふだの力で 引きよせられたものは帰ることができないとクルミおばばから教えられ……。コータは無事に帰れるのでしょうか?

  • クルミ森のおはなし2 クルミまつりは大さわぎ!

    「クルミ森のおはなし」シリーズ第2巻目です。
    実りの秋。クルミ森は、生き物たちが集まって、秋まつりのまっさい中です。クルミっこといっしょに、コータも大はしゃぎ!
    でも途中で、大事な「魔法のおふだ」をなくしてしまいます。そこへ、不思議な少年・カズがあらわれて……。

◆特別企画 メイキングレポートです!

     □石井聖岳さん「絵本ができるまで」     


注目の作品!

【ゴブリン書房】イチ押しの作品をご紹介

    明かされるカズの正体は!?
    「クルミ森のおはなし」シリーズ

  • クルミ森のおはなし4 魔法のおふだをバトンタッチ

    クルミ森のおはなし4 魔法のおふだをバトンタッチ

    作:末吉 暁子
    絵:多田治良
    出版社:ゴブリン書房

    春の連休。おじいちゃんに同窓会のお知らせがとどき、コータは、家族みんなでクルミ森へ。クルミおばばと再会し、ヘータロの結婚式(!)に出席するので すが……。さらわれた花よめ、滝つぼに消えた〈魔法のおふだ〉、そして、いよいよ明かされるカズの正体は……!?(小学初級から)

ユーザーレビュー

  • 親子で大笑い

    5.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    「こうなったらしょうがない」 この言葉がこんなに面白いなんて、 焼き芋の話なら、こんな展開になるのも 予想できるのですが、 まさかこんなに面白いなんて。 言葉と絵のセンスが抜群なんでしょうね。 息子たちもお下品な話題が大好きで、 こんなお話はもちろん大好き。 親子で大笑いしました。 それにしても、焼き芋の美味しそ...続きを読む

  • 幻想的で美しい

    5.0

    すごく素敵な表紙で、思わず手にとりました。夜のあいだに、突如、おこりはじめた不思議なある事。朝になり、町の人たちが喜ぶように、読み手の私も、わくわくしながらページをめくっていきました。余韻がのこるラストも印象的でした。幻想的で美しい絵は、手元においておきたいと思いました。...続きを読む

  • 出会えることができて幸せ

    5.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    本当の話だからこそ、よりゾワッと鳥肌が立つぐらい、 最後の場面が面白かったです。 最後の場面までの 子どもの日常も淡々としていながらも 丁寧に書かれていて面白いのですが、 最後の場面は当分イメージが心に残りそうです。 今の生活の中でなかなか生き物との共存を 実感することは少ないですが、 子どもたちにも折に触れ、伝え...続きを読む

  • ゆめがあっていいね

    5.0

    ゆめがあっていいね。 ひとつのことを考えてしまうと、しばらくずっと そのことにぼっとうしてしまいますね。 いろんな想像をしながら楽しんでいると、なんだか ほんとうに実現できるように思えてきますね。 だれにでもあると思う経験ですが、うまくタコさん にあてはめているのはさすが、だと思いました。...続きを読む

  • 真夜中の庭師

    4.0

    夜の間に、ひとつひとつと木を刈り込んで、動物たちを造っていくおじいさんは何をしたかったのでしょう。 ひとつひとつ、町の木々が変わっていくことで、住んでいる人たちの心も変わっていくことが感じとれました。 秋が来て、冬が来て、木の葉が落ちて動物たちが居なくなっても、また春が来て、動物たちが形崩れていても、人たちの心にはあの記憶が残っている...続きを読む

ゴブリン書房の作品一覧

表示

ネッシーはいることにする

ネッシーはいることにする

著:長薗安浩  出版社:ゴブリン書房  本体価格:\1,500+税  発行日:2019年08月  ISBN:9784902257380
  児童書
夜のあいだに

夜のあいだに

作:テリー・ファン&エリック・ファン  訳:原田 勝  出版社:ゴブリン書房  本体価格:\1,700+税  発行日:2019年05月  ISBN:9784902257373
  絵本
チャルーネ

チャルーネ

作:ホーコン・ウーヴレオース  絵:オイヴィン・トールシェーテル  訳:菱木 晃子  出版社:ゴブリン書房  本体価格:\1,400+税  発行日:2018年07月  ISBN:9784902257366
  児童書
テオのふしぎなクリスマス

テオのふしぎなクリスマス

文:キャサリン・ランデル  絵:エミリー・サットン  訳:越智 典子  出版社:ゴブリン書房  本体価格:\1,500+税  発行日:2017年10月  ISBN:9784902257359
  絵本
森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし

森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし

作:レベッカ・ボンド  訳:もりうち すみこ  出版社:ゴブリン書房  本体価格:\1,400+税  発行日:2017年09月  ISBN:9784902257342
  絵本
いろいろ いっぱい ちきゅうの さまざまな いきもの

いろいろ いっぱい ちきゅうの さまざまな いきもの

文:ニコラ・デイビス  絵:エミリー・サットン  訳:越智 典子  出版社:ゴブリン書房  本体価格:\1,500+税  発行日:2017年02月  ISBN:9784902257335
  絵本
わんぱく天国

わんぱく天国

著:佐藤 さとる  出版社:ゴブリン書房  本体価格:\1,400+税  発行日:2016年03月  ISBN:9784902257311
  児童書
ちいさなちいさな めにみえない びせいぶつの せかい

ちいさなちいさな めにみえない びせいぶつの せかい

文:ニコラ・デイビス  絵:エミリー・サットン  訳:越智 典子  監修:出川 洋介  出版社:ゴブリン書房  本体価格:\1,500+税  発行日:2014年08月  ISBN:9784902257304
  絵本
机の上の仙人―机上庵志庵

机の上の仙人―机上庵志庵

著:佐藤 さとる  画:岡本 順  出版社:ゴブリン書房  本体価格:\1,400+税  発行日:2014年06月  ISBN:9784902257298
  児童書
のれるかな? うかぶかな? ふね

のれるかな? うかぶかな? ふね

作:いしい きよたか  出版社:ゴブリン書房  本体価格:\800+税  発行日:2013年03月  ISBN:9784902257274
  絵本
全ページためしよみ
年齢別絵本セット