注目の作品!

【PHP研究所】イチ押しの作品をご紹介

    minchiさん、待望の最新刊! 

  • ごみじゃない!

    ごみじゃない!

    作・絵:minchi
    出版社:PHP研究所

    • ためしよみ

    ごみみたいだけど、ごみじゃない、たからものコンテストをかいさいします!   ●そのいち! けしごむの けしかす→あつめて こねると ねりけしになる  ●そのに! いろえんぴつの けずりかす→カールしていて とっても きれい  ●そのさん! おれた えんぴつの しん→まだまだ つかえる  ●そのよん! ばらばらに くだけた け...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぼくが いちばん! すごいでしょ

    「ぼくが いちばん! すごいでしょ」「わたしが いちばん! すごいでしょ」

    からだの大きさを自慢するゾウ。走る速さを自慢するチーター。トンネルをほる速さを自慢するモグラ。かくれんぼが得意なことを自慢するカメレオン。おしりからものすごく臭いにおいがでることを自慢するスカンク。動きの遅さを自慢するナマケモノ……。

    ――「それじゃあ、なかでも いちばん すごいのは だれ……?」

    それぞれの動物が、自分がすごいと思っていることを得意気にやってみせます。一般的に「すごい」と思うことだけでなく、他から見れば短所と思いがちな部分も、自分の持ち味して自信を持っている姿って、素敵なこと。リズミカルでテンポの良い文章と、丁寧に味わい深く描かれた動…続きはこちら >>>

  • ながいでしょ りっぱでしょ

    「えっへん、どうです、ぼくの はな。ながいでしょ りっぱでしょ。」
    「りっぱな ながい はなで みずを くんだり、にもつを はこんだり できるんだ。すごいでしょ!」
    「えっへん、どうです、ぼくの からだ。ながいでしょ、りっぱでしょ。」
    「りっぱな ながい からだで あしなんか なくても にょろにょろ すすめるんだ。すごいでしょ!」

    ゾウの鼻、ヘビのからだ、キリンの首、フラミンゴのあし、ウサギの耳、サルのしっぽ……。動物たちが、得意げに長さ自慢をしています。

    みんなの自慢が終わったころ、ニワトリがいいました。
    「ながさだったら ぼくだって まけないぞ。」
    あれれ、ニワトリはどこが長いのかな……??続きはこちら >>>

ユーザーレビュー

  • くすっと笑える場面が満載のお話でした。いろいろな種類のお弁当が登場し、お弁当の中に上手に入り込んでいるしろくまがなんともかわいらしかったです。しろくまの家族がでてきて、それぞれがサンドイッチの具になりきっているところがお気に入りです^^...続きを読む

  • 学校へいけなくなった少女

    3.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    学校へいけなくなった小学5年生の少女 繭のお話。 スケッチクラブ「日曜日舎」に出会い…!? やさしい物語でした。 繭が感じるものはなんとなく分かる気がします。 大人でもやっぱり感じることはいろいろあります。 自分と向き合うというか…そうした時間も大切にしたいと思いました。...続きを読む

  • シリーズのどうぶつ編

    5.0

    シリーズのどうぶつ編です。 全ページお試し読みで読みました。 よく知られているどうぶつばかりなのに なってみると、知らないことだらけなのですね。 えーっとおどろくこともありました。 ゴリラくんの意見、ごもっともですね。...続きを読む

  • 昔話の主人公

    4.0

    全ページお試し読みで読みました。 昔話の主人公になるのは、割とみんなが考えることかなと思いましたが、ここに描かれているシーンは、どれもなかなか大変な状況で、おかしかったですね。 一日でたくさんって感じで、面白かったです...続きを読む

  • おもちゃの気持になって

    4.0

    お試し読みで読みました。 のりものからくらべると、まだいいかな? でも大変そう、カスタネットとか。 塗り絵なら、まだがまんできるかなあ、、と イメージ重ねながら読みました。 おもちゃの気持になって、大切にしてあげたいですね。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット