注目の作品!

【PHP研究所】イチ押しの作品をご紹介

    ベストセラー「遊んで学べる」迷路シリーズ第15弾!

  • 忍者の迷路

    忍者の迷路

    作・絵:香川 元太郎 香川 志織
    出版社:PHP研究所

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    ベストセラー「遊んで学べる」迷路シリーズ第15弾! 忍術をおぼえて道をひらき、戦国時代をかけぬけろ!  精緻に描かれた戦国の世には、忍術秘伝の巻物が12本。各場面で巻物を手に入れながら、迷路やかくし絵を解きゴールを目指します。戦国時代の里山をイメージした「忍者の里」や長槍隊や鉄砲隊が活躍した合戦をイメージした「合戦をぬけろ」、織田信...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぼくが いちばん! すごいでしょ

    「ぼくが いちばん! すごいでしょ」「わたしが いちばん! すごいでしょ」

    からだの大きさを自慢するゾウ。走る速さを自慢するチーター。トンネルをほる速さを自慢するモグラ。かくれんぼが得意なことを自慢するカメレオン。おしりからものすごく臭いにおいがでることを自慢するスカンク。動きの遅さを自慢するナマケモノ……。

    ――「それじゃあ、なかでも いちばん すごいのは だれ……?」

    それぞれの動物が、自分がすごいと思っていることを得意気にやってみせます。一般的に「すごい」と思うことだけでなく、他から見れば短所と思いがちな部分も、自分の持ち味して自信を持っている姿って、素敵なこと。リズミカルでテンポの良い文章と、丁寧に味わい深く描かれた動…続きはこちら >>>

  • 願いがかなうふしぎな日記

    「望みはこれに書いておくといいよ。きっとかなうから」亡くなったおばあちゃんからもらった日記に、願いごとを書いた光平。もう一度おばあちゃんに会いたい、のぞみ号にまた乗りたい、お父さんとお母さんが仲直りしてほしい……。日記に書くと、ふしぎなことにその願いごとがかなっていく。

    小学校三年生のときに水泳教室でおぼれてから、「オボレンジャー」というあだ名がついた光平は、今年こそは泳げるようになりたいと願う。そこで日記に書き、自分なりに練習をして夏休みの水泳教室に挑んだ。ところが、練習の成果はなく1メートルも泳げなかった。

    そんなある日、公民館で家族と離れて暮らしているというおじさんに出会った。光平はおじさんの「ふるさとに帰る」という願いも日記に書いてあげるこ…続きはこちら >>>

ユーザーレビュー

  • クマさんのあたたかい心

    5.0

    図書館で借りて読んでみました。 可愛らしい絵が、たくさん載っています。 森のカフェの、美味しいと評判のシェフであるオオカミさん、 坊ちゃんに美味しいと言ってもらいたくて、必死になりますが、 鍵は違うところにあったようです。 クマさんのあたたかい心にジーンとなります。...続きを読む

  • 滋賀県長浜市の春祭り 長浜の曳山まつりは 今も町の人々により 守り伝えられています  子ども歌舞伎が演じられるそうです 私は見たことがないのですが この絵本を読んで 是非見てみたくなりました! 大通寺という寺の天井裏に お花ぎつねが住んでいたと伝えられています たかしは おばあちゃんから お花ぎつねの話をよく聞いていました ...続きを読む

  • 運動会の三年生競技

    5.0

    小学三年生のしょうたの物語の児童書。 運動会の三年生伝統競技が跳び箱、ということで、 しょうたが苦手な跳び箱に奮闘するのですね。 そこに、転校生の寡黙なまさるくんも絡んでの、 小学生あるあるストーリーです。 跳び箱を飛べるようになるまでの努力の軌跡。 転校生や同級生をめぐる友情。 さらには、家族とのやりとり。 先生のフォロ...続きを読む

  • 小さいうちに本嫌いにならないようにしたい。

    5.0

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    将来子どもが大きくなって本を読みたがらなくなったら? 親としてどのように本を嫌いにならないよう導いていけば良いのだろうか?という想いから、この本を読みました。 本にはルビがふってあるし、子どもの気持ちに寄り添った導き方がされてあるとは思いますが、本嫌いな子が実際、この本に限らず本を手にしてどう本嫌いを克服しようか?と考えるだろうか...続きを読む

  • 勢いがあって楽しい

    4.0

    男の子ママあるあるな感じがして、凄く吹いてしまいつつ、そうなんだよねー!と共感ボタンを連打したくなるお話です(笑) 言われたくないならちゃんとすればいいのに、と昔女の子だった私は思うのですが、 男の子の生き様って本当に不思議です。 この本に出てくるお母さんの怒り方は、怒っているというより習慣的な感じで、 勢いに任せて「あれ...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット