ペネロペ特設サイトはこちらから>>>

出版社エディターブログ

デ・ラ・メアの詩の絵本シリーズ 「春」の絵本

2017年3月3日 13時45分  そうっと のぞいた お月さま
ぎんのくつで 夜のおでかけ。

春の月が動いて、あたりを順番に銀色に照らしてゆく。
その幻想的なイメージを、カロリーナ・ラベイが「猫のさんぽ」に託して、
子どもたちを夢の世界に誘います。

英国の児童文学、幻想文学作家で詩人のウォルター・デ・ラ・メアの、
詩の絵本シリーズ4作目。
今回は「春」の絵本。

カロリーナ・ラベイの絵が、原詩をおちゃめに重層的に描き出します。

デ・ラ・メアの詩の絵本シリーズ 「春」の絵本

注目の作品!

【岩崎書店】イチ押しの作品をご紹介

    ハマる人続出! 1歳半児”あるある”絵本

  • いっさいはん

    いっさいはん

    作:minchi
    出版社:岩崎書店

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    SNSで大反響の“1歳半ぐらいの子どもの行動”が絵本になりました。じっとしてられない、ごみを集める、なんでも散らかす…くすっと笑えて子どもが愛おしくなる一冊。

出版社おすすめ

  • 希望の牧場

    希望の牧場

    作:森 絵都
    絵:吉田 尚令
    価格:¥1,500+ 税

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    この絵本は、福島原発の警戒区域内に取り残された「希望の牧場・ふくしま」のことをもとにつくられた絵本です。「希望の牧場・ふくしま」では、餌不足の問題が深刻化していくなか、今も牛たちを生かすための取り組みが続いています。東日本大震災のあと発生した原発事故によって「立ち入り禁止区域」になった牧場にとどまり、そこに取り残された牛たちを、何が何でも守りつづけようと決めた、牛飼いのすがたを描き出します。

    闘いつづける「希望の牧場」のすがたを、「悲しみ」ではなく「強さ」をこめて絵本に残せたらと考えました。
    ―森 絵都

  • だいすき ぎゅっ ぎゅっ

    朝ごはん食べたあと、ぎゅっ!ご本を読んだあと、ぎゅっ!おさんぽしたあと、ぎゅっ!
    ママがぼうやを何度もぎゅっと抱きしめます。愛情がたっぷり子どもにふりそそぐ絵本。

  • としょかんライオン

    いつも静かな図書館にライオンが現れ、みんな大あわて。でもお行儀のいいライオンは、すぐにみんなと仲良しに。ところがある日…。深い感動を呼び世界中で話題の絵本。

  • ひまわりの おか

    宮城県石巻市立大川小学校。東日本大震災による津波で、児童74名の命が亡くなり行方不明となるという悲劇がおこりました。お母さんたちは、子どもたちが避難しようとめざした場所に、ヒマワリを植えはじめたのでした・・・。ドキュメンタリーを撮るために現地へ行っていた作家・葉方丹さんに託された、お母さんたちからの手紙。そこには、辛い悲しみと同時に、子どもたちへの愛情あふれるメッセージが詰まっていました。絵本作家・松成真理子さんも現地へ赴き、お母さんがたの話に耳を傾け、お母さんたちが書いてくれた子どもたちについての手紙をもとに、この絵本をつくることになりました。こんなかわいい子どもがいたんだよ、こんなやさしいお母さんたちとずっとずっといっしょなんだよ。このことが、絵本で伝えたかった思いです。
    【こ…続きはこちら >>>

岩崎書店の作品一覧

表示

そら にげろ

そら にげろ

作・絵:長田 真作  出版社:岩崎書店  本体価格:\1,300+税  発行日:2019年05月15日  ISBN:9784265830664
  絵本
ハスキーなボクのユウウツ

ハスキーなボクのユウウツ

著:ジャスティン・セイヤー  訳:海後 礼子  絵:亀井 洋子  出版社:岩崎書店  本体価格:\1,600+税  発行日:2019年05月  ISBN:9784265860456
  児童書
ドッグトレーナーになりたいきみへ

ドッグトレーナーになりたいきみへ

著:鈴木 博房  出版社:岩崎書店  本体価格:\1,300+税  発行日:2019年05月  ISBN:9784265840120
  児童書
おでかけ おでかけ

おでかけ おでかけ

文:フィリス・ゲイシャイトー  絵:デイヴィッド・ウォーカー  訳:福本 友美子  出版社:岩崎書店  本体価格:\1,100+税  発行日:2019年04月  ISBN:9784265851546
  絵本
やるとおこられそうなこと

やるとおこられそうなこと

作・絵:川之上 英子 川之上 健  出版社:岩崎書店  本体価格:\850+税  発行日:2019年03月  ISBN:9784265830671
  絵本
マチルダとふたりのパパ

マチルダとふたりのパパ

作:メル・エリオット  訳:三辺 律子  出版社:岩崎書店  本体価格:\1,500+税  発行日:2019年03月  ISBN:9784265851416
クルマザウルス たんけんたい

クルマザウルス たんけんたい

作:マイケル・ウェイト  訳:浜崎 絵梨  出版社:岩崎書店  本体価格:\1,400+税  発行日:2019年03月  ISBN:9784265851362
  絵本
ルルとララのおかしやさん(25) ルルとララのおまじないクッキー

ルルとララのおかしやさん(25) ルルとララのおまじないクッキー

作・絵:あんびる やすこ  出版社:岩崎書店  本体価格:\1,000+税  発行日:2019年02月  ISBN:9784265074136
  児童書
ほねほねザウルス(20) いどめ!さいごのほねほね七ふしぎ

ほねほねザウルス(20) いどめ!さいごのほねほね七ふしぎ

作・絵:ぐるーぷ・アンモナイツ  出版社:岩崎書店  本体価格:\980+税  発行日:2019年02月  ISBN:9784265820573
  児童書
The Ever-Growing Leg あしにょきにょき

The Ever-Growing Leg あしにょきにょき

作・絵:深見 春夫  訳:Soshi Uchida  出版社:岩崎書店  本体価格:\2,000+税  発行日:2019年02月  ISBN:9784265087167
  絵本


ユーザーレビュー

  • 音楽が流れているような・・・・・

    5.0

    お馴染みの”白雪姫”です。 まるで、ディズニーのアニメ映画をみているようで素敵です。 ”音楽まで流れているようです♪” 孫の学校での発表会に”白雪姫”があって、王子さまの顔が うちわに描かれていたのがとても印象に残っている思い出が あります。...続きを読む

  • いい言葉です。

    5.0

    「いつまでもずっと」。 この題名が心にきました。 乳児期は四六時中ずっと一緒だった子供。 やがて幼稚園、小学校と、親から少しずつ離れていく。 きっと中学生高校生になったら、親より友達!となっていくかも知れない(それが健全な成長の証なのでしょうけれど)。 でも子供の成長って嬉しい反面、一抹の寂しさも。。。 でも、いつになってもあ...続きを読む

  • 規則は規則。だけど……

    5.0

    誰もが利用していい図書館に、ライオンがやってきます。入ってきたライオンを見てとまどった人たちも、優しくておとなしくて規則を守るライオンを、しだいしだいに受け入れていきます。 そしてライオンが欠かせない存在になったとき、ある事件が起きます。それを解決するためにライオンは一つの規則をやぶり、規則を破ったからと図書館に来なくなるわけですが、そ...続きを読む

  • 昔懐かしい

    5.0

    小学校の教科書に載っていたお話で、忘れられない作品の一つです。 読み始めにあった「もやしっ子」という言葉にまず疑問を持った息子。 言葉の説明をしているだけで、東京から来たトッコとサブ達との対比が明確になり、作者の言葉選びのうまさを感じます。 このお話ではやまびこと吊り橋が重要なアイテムとして登場しますが、これが山での暮らしを...続きを読む

  • ブランコぎーこん

    5.0

    しろくまくんの「あのねあのね…」と一生懸命に話す姿が可愛くて、しろくまパパは優しい眼差しで聞いているんだろうなと想像しながら読みました。ほのぼのする絵本です(*^^*)パパの愛情たっぷりのこのシリーズが大好きです!...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット