注目の作品!

【くもん出版】イチ押しの作品をご紹介

    中高生だけでなく、親や先生も知っておきたい18歳成人!

  • 大人になるってどういうこと? みんなで考えよう18歳成人

    大人になるってどういうこと? みんなで考えよう18歳成人

    著:神内 聡
    出版社:くもん出版

    【中高生だけでなく、親や先生も知っておきたい】 民法改正により、2022年4月から成年年齢が20歳から18歳に引き下げへ! それによって、高校3年生の中に「大人」が誕生することになります。 ・生徒が勝手に学校を退学 ・勝手にアパートを借りて実家を出る ・同級生同士でいきなり結婚 といったことが起こるかもしれません。 でも、お...続きを読む

出版社おすすめ

  • モリくんのすいかカー

    あつい夏の日。
    海水浴に来たこうもりのモリくんたちは、
    大きなすいかですいかわり。

    中味を食べおわったあとは、すいかカーをつくり、
    ドライブに出発です!

    すいかカーは、なんと船にもなるんです。
    ぷかぷか、波にゆられていると、
    すいかカーの下に、ぶきみな黒いかげが・・・?

    かわいいこうもりのモリくんと、すいかカーで真夏のドライブ!
    みんなで大きなすいかを愉快に乗りつくし・食べつくします!?

    海水浴に、すいかに、海の冒険に、ひんやりおやつ。
    夏の気分たっぷりの、モリくんの愉快でおいしい冒険絵本。

  • いろいろやさい とこやさん

    「きょうは、カットをお願いします!」
    もっさり頭の野菜たちが、つぎつぎ床屋さんへやってきます。
    もじゃもじゃ頭のブロッコリーが……のびすぎた髪のとうもろこしが……おもい頭の長ねぎが……
    チョキ チョキ チョッキンザッザッ ザクザク シュシュシュシュシュ〜
    あーら、すっきり大変身! おまけに、切ったところは美味しい料理になっちゃった!!かわいいはり絵とリズミカルな言葉が大人気、山岡ひかるさんの「いろいろシリーズ」最新刊(8巻目)です。

    『いろいろごはん』『いろいろたまご』『いろいろいちご』など「いろいろシリーズ」で食べることが大好きな親子の心をがっちりつかんできた、山岡ひかるさんの最新刊です。本書の魅力は、なんといっても作者、山岡ひ…続きはこちら >>>

  • あめ ぽぽぽ

    ある雨の日、ぼくはママといっしょに公園に出かけます。
    ぽぽぽ、さあさあ、ぴとぴと、じゃくじゃく、きらきら…など、
    歌人・東直子がつむぐ、リズミカルに光る言葉の数々。
    子どもも大人も心地よくなる、雨粒が語りかけてくる絵本です。

    歌人・東直子の世界をさらに豊かな絵本に昇華させているのは、世界的に活躍する画家・木内達朗。そして絵本『としょかんライオン』(岩崎書店)、芥川賞受賞作『ポトスライムの舟』の装丁などを手掛ける若手人気デザイナー・名久井直子とのコラボレーションにも注目です。


  • あめのひ くろくま

    あめのひ くろくま

    作・絵:たかい よしかず
    税込価格:¥880

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    きょうはあめ。しとしと ぱらら しと ぱらら。
    くろくまくんは、てるてるぼうずをたくさん作ってつるしました。

    傘をさして外に出ると、かえるさんが
    「にぎやかな おさんぽだね ケロ〜!」
    てるてるぼうずさんが、後ろをついてきているのに、
    くろくまくんは全然気がつきません…

    いたずらなてるてるぼうずたちが、雨の日に起こすちいさな奇跡。
    くろくまくんのおとぼけぶりに、雨の日が楽しくなる、かわいいお話です。
    リズムのよい文と、シンプルでわかりやすい絵が、小さなお子様への読み聞かせにも最適。

    親子いっしょに楽しめる、「おはなし・くろくま」シリーズ第6弾。

  • おやすみ〜

    くもん出版より2013年刊行の『に〜っこり』、2014年刊行の『おいし〜い』に続く、石津ちひろさん作、くわざわゆうこさん絵による絵本の3作目です。

    はみがきをてつだってくれるハブラシさんや、おそらでひかるおほしさん・・・。赤ちゃんが一日のおわりに、自分の身の回りにあるものに対して「おやすみ〜」とあいさつする様子を絵本にしました。お話の最後には、大好きなママやパパも登場します。

    前作に続き、石津ちひろさんのリズミカルで心地よい言葉と、くわざわゆうこさんのかわいらしく温かいタッチの絵で展開します。

    家族みんなでとっても幸せな気持ちになれる一冊です。0歳から親子でお楽しみいただける「はじめてであうえほん」シリーズの最新刊です。

  • したのどうぶつえん

    したのどうぶつえん

    作・絵:あき びんご
    税込価格:¥1,320

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    ”うえの”どうぶつえんの下には、”したの”どうぶつえんがあった!

     ある日、上野動物園に行こうとしたぼくは、動物園前駅から下におりる階段をみつけます。階段を下っていくと、そこには“したのどうぶつえん”があったのです。驚いたぼくが、したのどうぶつえんに入っていくと、そこにはふしぎなどうぶつがたくさんいて…。
     りんごりら、れいぞうこぞう、きりんご、わらいおん、かばなな、もしもしかもしか。声にだして読むだけで、思わずププッと吹きだしてしまう、だじゃれどうぶつの数々。

     「ことばが豊かな子どもはだじゃれが得意である」という作者の考えをもとに作られた新感覚のことばあそび絵本です。
     子どもが、よく親に尋ねる「うえのどうぶつえんにいったけ…続きはこちら >>>

ユーザーレビュー

  • みんなですると楽しい

    4.0

    「わくわく くろくま」シリーズ。 くろくまくんと一緒に、生活習慣や知識を学ぶシリーズの歯磨き編。 くろくまくん仲間たちが登場し、ご飯を食べた後、どうするの?と、考えさせる構成がいい感じです。 そうそう、ごちそうさまも、お片付けも大切だけど、歯磨き!ですね。 それぞれに合ったかわいい歯ブラシにコップ、何よりみんなのにこにこ顔が素敵で...続きを読む

  • こんな時代も。

    5.0

    十二歳にして刺客。 歴史の上でこういうことって実際にあったんですね。 今の子供達とはまた違った環境で生きるさよ。 時代背景もありますが、自分とは違った環境の主人公に想いを馳せながら読むのもまた読書の醍醐味の1つでしょう。...続きを読む

  • それぞれになりきって

    3.0

    乗り物が大好きな3歳息子と読みました。まだ自分では読めないのですが、パラパラとめくっていたようで、最後の絵がおもしろいんだよー!と教えてくれました。合体したそれぞれの乗り物の気持ちになりながら…けど、汽車だけは同じことばかり言うのでなんだか笑えました。...続きを読む

  • 本当に魔法のよう

    5.0

    私も息子も興味深い内容ばかりで面白い一冊でした。 親子揃って一番最初のお花の話が好きです。最初という事もありインパクトありました。そして、解説欄の写真がとても綺麗です。思わずこの花育ててみたい!と思いました。 他にも大人が読んでも「へえ!そうなんだ!」と思う自然の不思議な話ばかり。本当に魔法のようです。...続きを読む

  • 「ぱちぱち」「ペタペタ」「ぽっぽー」など ぱぴぷぺぽから始まる擬音が出てくるお話。 色鮮やかなポップでキュートな絵が 子どもの興味を惹くようです! 娘が生後7か月になって思ったことですが、 この本は紙質が良い!!思いっきり握ったり 強い力でページを捲っても破れません。 以外と破れにくい絵本って少ないのよね…助かります。...続きを読む

絵本ナビスペシャルコンテンツ限定のスペシャルインタビュー。
作家さんの作品に対する想いがつまっています。

KUMON TOY Babyの詳細を見る


全ページためしよみ
年齢別絵本セット