出版社エディターブログ

ぴあのうさぎのご紹介

2012年3月19日 15時13分  今日はへんしんシリーズでおなじみ、あきやまただしさんの『ぴあのうさぎ』をご紹介。絵本の文章のなかに、音階がうまーくとけこんだ、おもしろい一冊。たとえば「きょうはおそらがきれい」「そ〜ら〜♪」とか、「みんながシーソーであそんでる」「し〜そ〜♪」みたいな感じ。おもちゃピアノを弾きながら絵本を読んだら、娘は次から小さな体で絵本とピアノを抱えて「これ読んで〜」ともってきました。(^^)「そ〜ら〜♪」でおもちゃピアノのソとラを弾くと、けっこう自分の読んでる声と音階がちがったりして、おんちな感じの読み聞かせに! 親の音感も試される?一冊。ソー↑ ソー↓なーんて音階とりながら絵本を読むのおもしろいですよ! 『ぴあのうさぎとみみおばけ』もあります。

ぴあのうさぎのご紹介

出版社おすすめ

  • あいさつ

    あいさつ

    作・絵:いもと ようこ
    価格:¥850+ 税

    いもとようこのあかちゃん絵本
    あいさつはことばのあくしゅ


    おはよう・いってきます・こんにちは・さようなら・ごめんなさい。あいさつは言葉の握手。人と人とのつながりの最初の一歩です。元気なあいさつはみんなを元気にします。赤ちゃんの時からあいさつが身につく絵本。

  • ぴあのうさぎ

    ぴあのうさぎ

    作・絵:あきやま ただし
    価格:¥1,200+ 税

    「どれみ」が、おもしろ大へんしん!

    ぴあのうさぎちゃんはピアノを持ってお出かけします。空を見て、そーらー、公園のシーソーを見て、しーそーと弾きながら歌います。ドレミの音階に合わせて楽しいストーリーが展開する、画期的なことば遊び&ユーモア絵本!

  • しげちゃん

    しげちゃん

    作:室井 滋
    絵:長谷川 義史
    価格:¥1,300+ 税

    「ねぇ、お母さん、わたし、じぶんの 名前、キライ! もっと かわいい 名前に かえてよ」

    親の愛情が心に響く絵本です。

    しげちゃんは自分の名前が嫌いだったが、子どもの幸せを願って親が名前をつけることを知り、好きになる。室井滋の名前にまつわるユーモラスなエピソードを長谷川義史が人情味豊かにおおらかに描き、読者の共感を呼ぶ絵本。

金の星社の作品一覧

表示

削除いもとようこ あいうえおかるた

削除いもとようこ あいうえおかるた

絵:いもと ようこ  文:よこた きよし  出版社:金の星社  発行日:2017年10月  ISBN:
  絵本
がちょうのたんじょうび

がちょうのたんじょうび

作:新美 南吉  絵:いもと ようこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年10月  ISBN:9784323038940
  絵本
いもとようこあいうえおかるた

いもとようこあいうえおかるた

作:よこた きよし  絵:いもと ようこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年10月  ISBN:9784323890531
  絵本
東京まちがいさがし

東京まちがいさがし

作・絵:藤原 徹司  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年09月  ISBN:9784323074009
  絵本
まほうのゆうびんポスト

まほうのゆうびんポスト

作:やまだともこ  絵:いとう みき  出版社:金の星社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年09月  ISBN:9784323073965
  児童書
ぼくの おとうさんと おかあさん

ぼくの おとうさんと おかあさん

作・絵:みやにし たつや  出版社:金の星社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年09月  ISBN:9784323035109
  絵本
パンツ いっちょうめ

パンツ いっちょうめ

作:苅田 澄子  絵:やぎ たみこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年09月  ISBN:9784323073613
  絵本
てをつなぐ

てをつなぐ

作・絵:鈴木 まもる  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年08月  ISBN:9784323024646
  絵本
サファリ

サファリ

作・絵:松岡 たつひで  出版社:金の星社  本体価格:\1,400+税  発行日:2017年08月  ISBN:9784323073941
  絵本
ゆめねこ

ゆめねこ

作・絵:真珠 まりこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年07月  ISBN:9784323073828
  絵本
●金の星社のイベント情報はこちら

注目の作品!

【金の星社】イチ押しの作品をご紹介

    小さいときから命のふれあいを
    命の大切さを問う写真絵本

  • 小さないのち まほうをかけられた犬たち

    小さないのち まほうをかけられた犬たち

    作:今西乃子
    写真:浜田 一男
    出版社:金の星社

    ベストセラー「犬たちをおくる日」「ドッグ・シェルター」の著者がおくる 〔初めての写真絵本〕 ●●●小さいときから命のふれあいを●●● 安並圭子さんは動物愛護センターから犬をひきとり、新しい飼い主へつなぐボランティア。命の期限を切られた犬たちをまるで命の魔法をかけるように 誰からも愛される犬に生まれ変わらせていく。命の大切さを問う...続きを読む

ユーザーレビュー

  • きつねって…

    5.0

    4歳の息子が図書館で選んで借りた本です。 タイトルを見て狐がずる賢い話かな? と思ったらやっぱりでした。 狐って昔話でいつもずる賢いですね。 そういうキャラ設定っていうのを貫いているのはいいのですが なんだかかわいそうになってきます。 天然の熊のほうがかわいそうなんですが。...続きを読む

  • 猫の目がくるくる〜

    5.0

    猫の目がくるくる〜それだけで不思議なことおこりそう。起きても起きても起きられない夢の繰り返しって、経験があります。こんな夢見たことある。それも猫が遊んでいるだけだったらと思うと、楽しいかも。ちょっとこわいけど楽しいって、たしかに魅力的ですね。...続きを読む

  • 大人が泣いてしまうかも

    5.0

    冒頭から、悲しい展開の絵本ですが 読み進めずにはいられませんでした。 母と子の、お互いを想う気持ちに、 胸をぎゅっとつかまれました。 職場でもちょっと話題になっていて、読んだひとのほとんどが 「泣いてしまった」と言っていた絵本です。 読み聞かせの際には、大人が泣いてしまわないように注意が必要かもしれません。...続きを読む

  • 図書館で見つけました はじめて読みました。    ふくながさんの絵本です どんなのかなと 興味ありましたが・・・・ このらいおんのこは なんと なんと 想像力は豊かなのでしょうが・・・・ なんだか うわのそらで  気の抜けたようなお話でした カラフルな絵で いろんな ものが次々出てきますが・・・・ お話の中身が いまいち薄いよ...続きを読む

  • たまねぎさんの活躍

    5.0

    ねずみ退治に台所の調理器具やお野菜たちが協力したのは言うまでもありませんが、小さなたまねぎさんが、なにもしないでもそこに存在するだけで活躍できたことが気に入りました。野菜さんたちの名前を覚えたりできるので、1歳の孫に読んであげようと思いました。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット