注目の作品!

【三起商行(ミキハウス)】イチ押しの作品をご紹介

    「6/4むし歯予防の日」に向けて、音のでる絵本シリーズから楽しいしかけえほんの登場です!

  • はみがきできるかな?

    はみがきできるかな?

    作:たかい よしかず
    出版社:三起商行(ミキハウス)

    スイッチを押すと、はみがきをする音やうがいをする音が各スイッチごとにランダムに流れます。 さらに、各見開きにはめくって楽しいしかけが付いているので、何度でもめくりたくなります! メドレー(各4曲入り)付きで、メロディを流せばはみがきの時間が楽しく過ごせます! メロディは同じスイッチを二度押すと止まります。 【メロディ】...続きを読む

ユーザーレビュー

  • 読んでいて苦しくなりました

    2.0

    鳥箱先生はじめ、殆どの登場(人)物が、極めてせまい世界での、極めてせまい価値観に囚われていて成長せず、そこに待っているのはディストピアという…救われないお話でした。 宮沢賢治が、こんなに強烈な批判の物語を書いていたことに驚きました。それが、現在にも通じていることにも。子どもが読むには、衝撃が大きい気がし、「なぜ?」と聞かれた時に、大...続きを読む

  • やっぱりスズキコージさん

    5.0

    「注文の多い料理店」で、宮沢賢治の世界を見事に表現したスズキコージさん。多作で知られる宮沢賢治の作品の中でも、こちらは世間的にあまり知られていないお話で、この作品にスズキコージさんの絵をつけようと考えた出版社のセンスに思わず唸ってしまいました。 宮沢賢治とスズキココージ。強烈な個性がぶつかり合って、素晴らしい化学反応を見せてくれています...続きを読む

  • 朗々と読み上げるとかっこいい本

    5.0

    ちょうど世界情勢が不安定で、戦争なのか?とハラハラしているそんな時に読み始めてしまったので、地続きで国境を意識しながら暮らすというのは、そういうことかと別の国をも想像してしまいました。 そんなわけで、城壁のあっちとこっちでのやりとりを読む時は最高潮に緊張しました。 それにしても、ソンバーユー将軍の城壁前でのスピーチは心に迫るものが...続きを読む

  • それぞれの得意分野で活躍

    4.0

    さまざまなジャンルの医者である三兄弟。 人間の医者、馬羊の医者、草木の医者。草木の医者って植物を育てるのが得意なイメージかなぁとおもったのですが、かけこんできた将軍は顔から草が生えてしまった状態。 それだけでなく、馬と一体化しておりれなくなってしまっているという事態。 これは三兄弟のうでの見せどころ。 テンポよく進むストーリーと奇...続きを読む

  • ほくしゅしょうぐんと読むのですね。

    5.0

    • もけこさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子16歳、男の子12歳、男の子2歳

    まずは絵に引き込まれました。 なんじゅうにも重なった色、何が描かれているか、隅々まで見逃すまいとみいってしまいます。 そして文を読んでいると、いつのまにかリズムにのってどんどん進みます。 そして、読み終わると、あら?これは一体どういうことをいっているのかしら、、、?と考えさせられました。 一瞬、難しい、、、と思いました。 いやい...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット