出版社おすすめ

  • オニの生活図鑑

    オニの生活図鑑

    作・絵:ヒサクニヒコ
    価格:¥1,500+ 税

    オニの世界にも、山オニと海オニとのはげしい争いがあります。ヒサクニヒコの新説で、オニのすべてが発見されました。

  • あかいかばんのひみつ

    小学校入学でモニカが母親から渡されたのは、みんながもっているのとは全然違う赤いスーツケース。「こんなかばんで学校にいくなんて、絶対いや!」モニカはかんかんに怒りましたが……赤いかばんには秘密の力があったのです。

    ★オーストラリア児童図書賞受賞作品

ユーザーレビュー

  • 夏休み

    5.0

    ペンギーノくんは留学生ですが、夏休みなので、南極の島へ帰って夏休みを過ごします。故郷に帰って一番に長老に挨拶してから二人の弟と過ごすペンギーノくんにとても切なくなりました。無駄な争いばかりして、おとうさんとおかあさんを亡くしたペンギーノくんだから、しっかり勉強しているので頑張って欲しいと思いました。楽しく過ごしたから、やっぱり故郷が恋しく...続きを読む

  • 子供が保育園から借りてきました。

    5.0

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子4歳、女の子1歳

    4歳のお兄ちゃんが、1歳の妹に読んであげていました。色がはっきりしていて妹も喜んで聞いていました。お話自体もわかりやすく、みかんと言えど、子供らしいエピソード満載でした。他のシリーズも読みたくなりますね!...続きを読む

  • 大昔の話だ 北の海の島に 大きな 大きな ねこがすんでいた ある年  海から離れたところに 村人たちが住む村があり  土地も肥えて 安心してのんびり暮らしていたが  ネズミが大量に発生して 田畑が荒らされ あかごまで食われる おそろしいことがおこった そこで村人は   からねこの島へ行き 酒に酔わせて ねこを島に連れてきた   ...続きを読む

  • ヒサさんらしい図鑑ですが…

    2.0

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子18歳

    例えば鬼たちの衣服のところで、ふんどしの巻き方とか、 鬼の鉄棒の作り方の作業シーンとか、 ヒコさんの絵の面白さは楽しめますが、これが果たして、鬼の「生活図鑑」か?という割れると、石器時代とか弥生時代の日本人の暮らしぽく見えたのは、わたしだけでしょうか? 残念ですが、この本を子どもたちに進めたいかといわれると、Noです。 ...続きを読む

  • カブトムシ?いいえ、茶色の小瓶です。

    5.0

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子18歳

    カブトムシみたいな虫だと思っていたのが、実は茶色の小瓶で、しかもそいつはしゃべりだすし、不思議な手と足が生えてくる。 60ページという短いページの中で、はなしはどんどん展開していくのに、ブレが無く、とても読みやすかったです。 この佐藤さとるさんの紡ぎだす世界を、画家の村上勉さんは、まるでそこに見えているんだよ。とでもいうかのように、描...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット