話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
こたろう

こたろう

  • 絵本
文: 吉橋通夫
絵: 田島 征彦
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

税込価格: ¥2,860

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年02月28日
ISBN: 9784835450346

23×25cm・上製/48 頁

出版社からの紹介

こたろうがびわ湖の底から金のつぼを釣りあげたことから、人々は大騒ぎ。 宝探しのため湖の水を抜いてしまい、飲水に困るしまつ。 場面がどんどん下に落ちていきどこまでいくんだろうと思っていたら、地球の反対側の空にでてきて・・・。 地がさかさまになるからくりで、関西弁による語り口調が特徴的な田島征彦の絵本。

こたろう

ベストレビュー

田島征彦的奇想天外冒険宇宙

田島征彦さんの絵本は破天荒なスケールの大きいものが多いのですが、その中でもお薦めの一冊です。
漁師のこたろうが琵琶湖から金のつぼをつりあげます。
海賊の宝物だといううわさで集まった人たちのパワーは、琵琶湖の栓であるとんがり島を抜き取るところにまでなります。
水のなくなった琵琶湖。
映画で見てみたいほどのスケールの大きさ。
話はそこで終わらず、こたろうが地底を探検して地球の裏側に抜けてしまう所まで拡がります
地中の冒険のすごさ、地球の裏側では天地逆になってしまう絵、理解の範囲を超えた世界でした。
面白いだけでなく、人々を見ていると、実に様々に描かれていて思わずニンマリしてしまえます。
楽しい絵本でした。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


吉橋通夫さんのその他の作品

これでかんぺき使い分け! 同音異義語・同訓異字(1) / これでかんぺき使い分け!同音異義語・同訓異字(2) / ことばっておもしろい!同音異義語・同訓異字/対義語・類義語(全3巻) / ずくなし半左事件簿 / それも知りたい!慣用句 / はっけよい! 雷電

田島 征彦さんのその他の作品

せきれい丸 / そうべえそうれごかっさい6冊セット(6巻セット) / そうべえときじむなー / てんにのぼったなまず / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ / はじめてふったゆき



『うたまるごはんのかんたんフリージング離乳食・幼児食』インタビュー

こたろう

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット