宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ちしきのぽけっと(17) ニワシドリのひみつ 庭師鳥は芸術家
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちしきのぽけっと(17) ニワシドリのひみつ 庭師鳥は芸術家

  • 絵本
文・絵: 鈴木 まもる
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年04月30日
ISBN: 9784265043675

小学校低学年 〜 小学校高学年向け
A4変型判 28.8×23.0
40頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

オスが、巣ではない造形物を作り、美しく飾る、ユニークな習性から、「庭師鳥」と名づけられた鳥。鳥の巣研究で知られる著者が、そのふしぎな習性のひみつを探る。

ちしきのぽけっと(17) ニワシドリのひみつ 庭師鳥は芸術家

ベストレビュー

美しい&驚き!

鈴木まもるさんといえば、『ピン・ポン・バス』とか『せんろはつづく』のイメージなのですが、実は鳥の巣研究家としても活躍されているのですね!

この本は、オーストラリアやニューギニアに生息する、ニワシドリ(庭師鳥)とその巣について、描かれたものです。

まず、ビックリするのが、絵の美しさ。
リアルで色鮮やかで、目を奪われます。
そして、ニワシドリがつくる「あずまや」。
これ本当に鳥が作ったの?というくらいアート。
この技術の高さが、庭師鳥という名前の所以のようです。

しかも、これ巣ではなくて、メスへのプロポーズだっていうから、更に驚きです。
世界には、まだまだ知らない鳥がたくさんいるんだなって思いました。
なかなか見ごたえのある一冊です。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鈴木 まもるさんのその他の作品

みずとは なんじゃ? / 巣箱のなかで / いそげ! きゅうきゅうしゃ / てをつなぐ / 鳥の巣つくろう / わたり鳥



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その3

ちしきのぽけっと(17) ニワシドリのひみつ 庭師鳥は芸術家

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット