季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
そらをとんだたまごやき

そらをとんだたまごやき

作: 落合恵子
絵: 和田 誠
出版社: クレヨンハウス

税込価格: ¥1,282

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784906379309

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

 りっぱなたまごやきになるべきか、はたまた鳥になって空を飛ぶべきか……たまごがこんなジレンマをかかえていたことを知っていましたか?
 でも、めぐちゃんとおとうさんが、20個のたまごでつくったたまごやきは、その両方の夢をかなえることができたのです。フライパンの上で、ぷうううっと大きくふくらんで、めぐちゃんとおとうさんをのせて、冷蔵庫の向こうの雪景色へひゅーん。
 こわくないよおとうさん、いい景色だよ!

ベストレビュー

絶対ありえない話だけど

絵本ナビのエディターズピックアップで見て、
題名に惹かれて図書館から借りてきました。

お父さんとめぐちゃんが、たまごやきを作ろうとするところから
物語が始まります。

めぐちゃん、推定年齢小学生くらいだけど、
そんな小さいめぐちゃん相手に、マジギレしているお父さんが笑えます。
お父さん、さいばしでガスレンジたたいたり、かなり大人気ない〜。
でもめぐちゃんは何食わぬ顔で卵焼きを作り続けます。

焼きあがったたまごやきと、お父さんとめぐちゃんの会話のかけあいが
最後までとっても個性的で、
ショートコントを見ているよう。

息子と二人でとっても楽しい気分になりました。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


落合 恵子さんのその他の作品

悲しみのゴリラ / あの湖のあの家におきたこと / 明るい覚悟 こんな時代に / おやすみ、ぼく【新版】 / とんでいった ふうせんは / その手がおぼえてる

和田 誠さんのその他の作品

ことばの波止場 / わたしのベスト3 作家が選ぶ名著・名作 / 装丁物語 / 密林一きれいなひょうの話 / あいうえどうぶつえん / ぬすまれた月


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 絵画・彫刻 > そらをとんだたまごやき

4月の新刊&オススメ絵本情報

そらをとんだたまごやき

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット