季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
草と木で包む

草と木で包む

  • 絵本
文・絵: U.G.サトー
写真: 後藤 九 酒井 道一
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「草と木で包む」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年04月05日
ISBN: 9784834080797

小学中学年から
26X20cm/40ページ

出版社からの紹介

わたしたちの祖先は、自然の中にある草や木を使って食べ物を包む工夫をしてきました。それはどれもこれも驚くほど美しいものです。そのうえ、用がすんで捨ててしまってもゴミにならず、いつかは土にかえっていきます。そればかりではありません。正方形の一枚の布、風呂敷を自由自在に利用してものを包んできました。深刻なゴミの問題を抱えたいま、わたしたちの祖先の知恵を見直してみました。

ベストレビュー

これからも伝えていきたい日本文化

福音館書店の「たくさんのふしぎ傑作集」の1冊です。
日本人は古来から草や木でものを包む文化を持っていたんだと、この本を読んで改めた感じました。
若いころ、バイトで、「包装」の仕事をしたことがありました。
ものの形を理解して、角をうまく使って包んでいくやり「包装」のコツは、今でもいろいろなことろで重宝しています。
“笹団子”!子どもの頃、父が東北の出張のお土産によく買ってきてくれてました。
笹をめくったときのあの香りはなんとも言えません。
見ていたら食べたくなってしまいました。

“竹”も、江戸時代には、水筒に使ったり、お弁当箱として使ったりしてましたよね〜(時代劇を見てい知っているだけです)。
こういう日本文化は、これから先も大事にしていきたいなと、思います。
ちなみに、我が家には風呂敷が何枚かあり、旅行の際には必ず持って行って活用しています。(ぶきっちょなので、大した包み方はできていませんが…)
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


U.G.サトーさんのその他の作品

富士山うたごよみ / あめかな! / すすむ / あか あお ふたりで / しまうまのさんぽ / ぺたぺた


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 写真・工芸 > 草と木で包む

『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

草と木で包む

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット