新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
クラスメイツ (前期)

クラスメイツ (前期)

  • 児童書
作: 森 絵都
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年05月
ISBN: 9784038144103

中学生から一般
20cm×14cm/215ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ページを開いて読みだした途端、一気に心が中学時代に飛ばされ、懐かしいあの頃が蘇ります。『リズム』でデビュー以来、『宇宙のみなしご』『カラフル』『DIVE!』など、数々のYA作品を生み出しながら、大人向けの小説で直木賞も受賞された森絵都さんの、12年ぶりとなるファン待望のYA作品が届きました。お話の中心となる中学生たちと同じ世代の中学生の読者にも、中学時代が遠い思い出となっている大人の読者にも共感を呼ぶ場面がたくさんあり、あらゆる世代におすすめしたい作品です。

舞台は、中学生の24人が在籍する1年A組。中学校生活スタートの四月、緊張のクラス発表の場面からはじまります。親友とクラスが離れ離れになってしまった千鶴は、勇気を出して後ろの席の女の子しほりんに話しかけます。次第に仲良くなった千鶴としほりんは部活選びに悩み…。つづいて次の編では、千鶴からしほりんに語り手が移り、ここでは女子の三人組問題が浮上します。多くの女子には身に覚えがあるだろう三人組問題。しほりんは、小学生の時の三人組で仲間はずれにされた苦い経験から、今度もまたいつ仲間はずれにされるのかと悩みます…。
女子の語りが続いた後は、クラスの盛り上げ役お笑い担当の男子、蒼太の登場です。さて、一見明るく元気な男子がひそかに考えている悩みとは?
こんな風に、1編ごとにクラスメイトたちの一人一人にスポットがあてられ、それぞれの目にうつる日常の事件やクラスメイトたちとの関係が12編描かれていきます。

感受性が鋭く、周りの目が何より気になり、自分のプライドをギリギリのところで守りながらもさまざまなものと格闘している不器用な中学生たち。同世代の子たちが読んだら、自分に似た誰かを見つけてちょっとホッとしたり、クラスメイトに似た子を見つけて笑っちゃったり、現実のクラスメイトの誰かもこんなこと考えているのかな、と思ったり、きっとさまざま心が揺り動かされることでしょう。かつて中学生だった私たち大人は、今よりも不器用だったかつての自分に胸をチクリと痛ませながらも、そこから変わった自分と変わらない自分をあらためて見つめるのではないでしょうか。

こちらの『クラスメイツ<前期>』を読み終えたところで、あれ?あの問題はどうなった?と思ったら、つづきの『クラスメイツ<後期>』をどうぞ。まだ語られていない気になるクラスメイトが全員語り手として登場しながら、未解決のままになっているあの問題、この問題が1つ1つ明かされていきますので、合わせてお楽しみ下さい!

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

日本のYA文学をきりひらいてきた森絵都が、直木賞受賞後はじめて描く中学生群像。中学1年生24人のクラスメイトたち、その1人1人を主人公にした24のストーリーで思春期の1年間を描いた連作短編集。前期・後期の全2巻。 うれしい出会いや、ささいなきっかけの仲違い、初めての恋のときめきや、仲間はずれの不安、自意識過剰の恥ずかしさや、通じあった気持ちのあたたかさ。子どもじゃないけど大人でもない、そんな特別な時間の中にいる中学生たちの1年間。だれもが身にしみるリアルさを、シリアスなのに笑えて、コミカルなのにしみじみとしたユーモアでくるんだ作品集。

ベストレビュー

今しかない貴重な時間

中学生の時ってこんなこと考えてたな〜、あんな子いたな〜と懐かしく思い返しながら読みました。娘がちょうど今、中学一年生なので、思春期の多感な時期にあります。まだまだどんな挑戦も失敗も許される時で、この小説に出てくる中学生たちのように、思いっきり悩んで笑って成長してほしいなと思いました。そして今しかない、大人でも子どもでもない貴重な時間を思う存分楽しんでほしいです。忘れていた感覚を大人になった私も思い返すことができ、中学生の娘の揺れ動く気持ちに少しでも寄り添えるような気になりました。
(ouchijikanさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森 絵都さんのその他の作品

〈きもち〉はなにをしているの? / チイの花たば / あしたのことば / あいうえおさん / 出会いなおし / できない相談 piece of resistance



2021年11月の新刊&おすすめ絵本

クラスメイツ (前期)

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット