話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
ナナカラやまものがたり

ナナカラやまものがたり

  • 絵本
作: どい かや
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年04月16日
ISBN: 9784494003204

4・5歳〜
303×216mm/40ページ

みどころ

ナナカラやまは海と空に囲まれた美しくて豊かな世界。
それは、数えきれないくらいの色々な生き物たちが暮らしているからなのです。
動物や花や木やさかな、虫や石やかぜ・・・彼らはみんなナナカラやまのナナカラたち。
この絵本では、ナナカラやまに語り伝わるナナカラたちの物語や歌を教えてくれます。
うれしいこと、悲しいこと、昔のこともつい昨日あった出来事も。

例えば忘れんぼうのカナヘビちゃんは、どこかで会ったことのあるようなチャーミングなうっかりさん。ちょっと嬉しい出会いがあった一日のことを教えてくれます。コジュケイの家のお話は、ナナカラらしいってどういうことかがよくわかる物語です。やっぱり小さい家がいちばんだね。
ナナカラに伝わる「はなひつじやま」と「カラカラにかわいたねこの砂」のお話は、切ないけれどナナカラの美しさの秘密が少しわかるようなエピソード。そして、最後はナナカラやまものがたりを上手に語ってくれるくまのおばあちゃんのお話。手作りジャムの美味しそうなことといったら・・・。

作者のどいかやさんが、このナナカラやまの世界をどれほど愛おしく感じ、丁寧に楽しみながら描いているのか。ため息が出るほど美しくて可愛らしいナナカラやまの風景とナナカラたちを見ていれば伝わってきます。いや、彼女もきっとナナカラの住人なのかもしれません!様々な緑色で表現された草花たち、豊かな表情や鮮やかに彩られた小物を身につけた生き物たち。どこまで細かく見ていっても飽きることのない、本当に豊かな絵の世界です。

いつでも取り出して、そっとナナカラやまの世界がのぞけるように、本棚の隅にしまっておいて欲しい1冊ですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

たくさんの生き物たちが暮らす、ゆたかで美しいナナカラやまに伝わるおはなしです。うれしいことも悲しいことも、昔のこともきのうのことも。ナナカラやまの生き物たちは、物語や歌にして伝えていきます。ゆったりとした作品の世界を味わうことができる一冊です。

ベストレビュー

数話のお話が書かれている絵本。

小学校2年生の我が家の娘は,1冊の本の中にいくつかのお話が入っているという絵本が大好きです。
そんな娘が一人読みしました。
ナナカラやま,どんなところかな〜と想像しながら読める絵本ですね。
どいかやさんの優しいタッチの絵本も可愛らしくて温かみを感じます。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

どい かやさんのその他の作品

ねこのニャンルー / チリとチリリ あめのひのおはなし / ようこそ! ティールームことりへ / ハルの日 / 手ぶくろを買いに / 服を10年買わないって決めてみました 〜買わずに楽しく絵本作家のシンプルライフ〜


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ナナカラやまものがたり

サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

ナナカラやまものがたり

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット