話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

体験取材! 世界の国ぐに(33) ブルガリア

体験取材! 世界の国ぐに(33) ブルガリア

文・写真: 吉田忠正
監修: ダニエラ・ニコロバ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「体験取材! 世界の国ぐに(33) ブルガリア」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

  • Line

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784591100769

出版社からの紹介

バルカン半島に位置し、様々な国の影響を受けてきたブルガリア。その中で伝統を守り続けてきた人々の力強さを紹介します。

ベストレビュー

美しい伝統が残る国で、相撲の普及!?

バルカン半島に位置し、トルコ、ギリシャ、セルビア、ルーマニアに国境を接する国ブルガリア。ヨーグルトやバラでお馴染みの国の歴史、自然、人々の暮らし、家庭料理、日本人学校、現地の学校、伝統工芸などを紹介する写真絵本。

田舎っぽい雰囲気と美しさ、温かさが感じられる写真が素敵だ。特に家庭料理は、ヨーロッパの中でも割と野菜を多く食べるらしく、健康的なお料理がたくさん。農業や酪農が盛んで、家庭ではふんだんに収穫できた野菜や果物を瓶詰めなどにして、保管している。昔風のてづくりの暮らし、生活の知恵がしっかり伝承され、日常に生かされている。

以前、大相撲で琴欧州という四股名のブルガリア出身の力士がいたが、現地では日本を訪れたブルガリア人女性が相撲を広めようと活動し、2007年(出版時)に15の相撲クラブ、約600人が練習しているという。

オスマントルコの支配、バルカン戦争等、歴史的にも波乱に富んだ国で、いろんな国の影響が見られて興味深い。キリル文字の発祥の地とされていたり、知らないことがいっぱいあって面白かった。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

吉田忠正さんのその他の作品

現地取材! 世界のくらし(3) 中国 / 現地取材! 世界のくらし(5) ネパール / 追跡!ごみのゆくえ 燃やさないごみ / 追跡!ごみのゆくえ びん・かん / 追跡!ごみのゆくえ 古紙 / 追跡!ごみのゆくえ 粗大ごみ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 地理 > 体験取材! 世界の国ぐに(33) ブルガリア

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

体験取材! 世界の国ぐに(33) ブルガリア

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット