もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
カババスえん おばけとえんそく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カババスえん おばけとえんそく

  • 絵本
作: 光丘 真理
絵: 山本 省三
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年05月30日
ISBN: 9784333026494

3歳から
25×22p 32ページ

みどころ

カババスは、バス。バスだけど、ようちえんなのです。
カバ園長が運転して、毎日あちこちに出かけます。

「エンジン よし! ブレーキ よし!」
今日も朝からカバ園長は大はりきり、とんでも山のてっぺんまで、遠足に出かけます。
ところが、行く道の途中、急に辺りが暗くなって・・・
「どきどきもりへ ようこそ!」
突然バスの目の前にあらわれたのは、首がにゅーっと伸びたろくろくび。
「きゃあ、おばけ〜!にげろ〜!」
子どもたちもカバ園長も大あわて。すると、今度はかさおばけが、とおせんぼ。
さらにひとつ目こぞうや、のっぺらぼうまであらわれて。
子どもたちはもう大騒ぎ、ふるえたり、泣きだしたり。
「こら!こどもたちをこわがらせて、だめじゃないか!」
カバ園長が大きな声を出すと、おばけたちもしゅん。
よーく見ると、どうやらおばけたちも、まだ子どものようなのです。
そこで、カバ園長が思いついたのは?

さあ、ここからは楽しい遠足の再開です!
ただの遠足じゃないですよ。なにしろ、おばけたちも一緒です。
バスがヘリコプターになっちゃったり、のっぺらぼうの顔にお絵かきしたり。
一緒にお弁当も食べますよ。

最初はひやりとしたけれど、読んでみればとっても楽しいポップなおばけ絵本。
子どものおばけって、どうやらとっても可愛いようです。それに、バスのようちえんっていうのも興味津々。何だかうらやましくなってきちゃいましたね。
小さな子どもたちから楽しめる、気持ちを明るくしてくれるお話です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

カババスえん おばけとえんそく

出版社からの紹介

カバ園長が運転するカババスは、幼稚園。毎日、あちこちに出掛けます。ある日、とんでもやまへ遠足に向かう途中、子どものおばけたちが現われて大騒ぎに……。バスがヘリコプターになったり、園児とおばけたちがいっしょに遊び、おべんとうを食べたりと、幼稚園バスとおばけの両方が楽しめるポップな絵本です。

ベストレビュー

雪女のかき氷!

バスなのに、幼稚園!?
なんだかとっても楽しそう!

実際に幼稚園や保育園に通っているお子さんなら、
もっと身近に感じるのではないでしょうか。

輪郭がはっきりとしていて とても色彩が豊かなので
見ているだけでも明るい気持ちになります。

雪女の、かき氷…。ちょっと食べてみたいなあ。
(なーお00さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


光丘 真理さんのその他の作品

二人でなら、世界一になれる! / 給食室のはるちゃん先生 / せんそうってなんだったの?第二期 それでも星はかがやいていた / いとをかし!百人一首 天才・蝉丸がやってきた! / 幸せを奏でる私の音楽 / タンポポ あの日をわすれないで

山本 省三さんのその他の作品

ガリレオ / キセキのスパゲッティー / やさしく読める ビジュアル伝記 坂本龍馬 / もしも月でくらしたら / おてんとうさまが みてますよ  / 梶田隆章物語


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > カババスえん おばけとえんそく

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

カババスえん おばけとえんそく

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット