しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
スズメぼうし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

スズメぼうし

  • 児童書
作: たつみや章
絵: 広瀬 弦
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「スズメぼうし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年01月
ISBN: 9784251040602

小学校中学年以上
A5変型判/169ページ

出版社からの紹介

公園で見つけた茶色の変なぼうしをかぶったとたん、ヒロシはスズメになってしまった! 必死で人間にもどる方法をさがすのだが…。

ベストレビュー

なかなか面白い話でした!

私の大好きな作家の佐藤さとるさんの得意なパターンとちょっと似ているのですが、男の子が公園で帽子を拾って被るところからファンタジーが始まります。随所随所に、社会風刺的なこととか物事の真理みたいなものが嫌みなくちりばめられており、どうなるのだろう、どうなるのだろうと思いながら先が読みたくなる本でした。

実は、この本は、図書館のおすすめ本のところに置いてあり、その不思議な題名と表紙の素敵な絵に面白そうと思って、小4の息子の為に借りてきました。渡すと、あっという間にのめりこみ小一時間ほどで読み終わったので、どう?と聞くと、面白いと言っていました。久しぶりに、息子が食いついた本だったので、どんなものなのかと思って読んでみましたが、なるほどと思いましたね。

鳥には、本当は名前がないのかもしれませんね。黒い仲間とか灰色の鳥とか、そんな呼称も記憶に残るし、鳥が置かれている玄奘みたいな物にも、創作かもしれないけれど触れられて、良い本だと思いました。

ウチの息子がスズメぼうしを見つけて被ってしまったら、私もきっと気付くことは出来ないんでしょうね。男の子でもとても楽しく読める本でした。お薦めです。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

たつみや章さんのその他の作品

夜の神話 / 冥界伝説・たかむらの井戸 / 天地のはざま / 地の掟月のまなざし / 月神の統べる森で / じっぽ まいごのかっぱはくいしんぼう

広瀬 弦さんのその他の作品

サブキャラたちのグリム童話 / 谷川俊太郎詩集 たったいま / 西遊記(13) 風の巻 / 佐野洋子の動物ものがたり / サブキャラたちの日本昔話 / 西遊記(12) 珠の巻



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

スズメぼうし

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット