宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
メリーゴーランドのちいさなうまタイニー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

メリーゴーランドのちいさなうまタイニー

  • 絵本
作: 山本 省三
絵: 山本 まもる
出版社: 幻冬舎メディアコンサルティング

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

舞台は遊園地。子どもたちの笑い声が響くなか、メリーゴーランドの子馬のタイニーは寂しそう。子どもたちは大きな馬に乗りたがり、小さなタイニーは人気がありません。嵐のある日、飛ばされてきた鳥の巣が、タイニーのせなかにスポッと乗りました。ひなが落ちないように、いつもより気をつけて回るやさしいタイニー。ひなたちが無事に巣立った日の夜、なんとお月さまがタイニーに話しかけてきたのです。

ベストレビュー

タイニー、雛を守り、育てました

メリーゴーランドの小さな馬タイニーは、嵐の日に小鳥の巣が飛んできて、小鳥の雛をタイニーの背中で育てることになりました。タイニーの背中から落ちないように気を使ったり、のらねこから雛たちを守りました。タイニーは、お月様からご褒美を貰って一日だけ翼をもらって自由に飛び回ることができました。メリードーランドは、タイニーに乗りたくて「タイニーは、雛を育てた馬としてすっかり人気者になってました。」私は、タイニーが港で花火大会を開いている時の花火が最高に綺麗でうっとりしました。やっぱり、人気がなくて子供たちに乗られないのは寂しいものだと思いました。タイニーは、念願が叶ってこどもたちに乗られる馬になれてよかったです。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

山本 省三さんのその他の作品

やさしく読める ビジュアル伝記 坂本龍馬 / もしも月でくらしたら / おてんとうさまが みてますよ  / 月をめざしてしゅっぱつ! / 脱走ペンギンを追いかけて / 深く深く掘りすすめ!ちきゅう

山本 まもるさんのその他の作品

うちのここんなこ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

メリーゴーランドのちいさなうまタイニー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット