なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
いじめられっ子ノラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いじめられっ子ノラ

  • 児童書
著: 宗田 理
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いじめられっ子ノラ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月11日
ISBN: 9784569686912

小学生〜中学生
四六判上製 264ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

実在の少女・典子の告白をもとに描く、「いじめ」とたたかった女子中学生と不思議な猫たちの物語。  学校では友だちや上級生だけでなく、教師からもいじめぬかれ、安らぎのあるはずの家庭でも、両親が離婚し、幼児期から激しい虐待を受けて育ってきた典子。図書館の本と、放送室で聴ける音楽だけを楽しみに、けなげに生きる典子に否応なくつづくいじめは、典子が耐えれば耐えるほどに、エスカレートしていく。しかし、あるときを境に、典子はがぜん強くなる。もうやられっぱなしの典子ではなくなるのだ。その典子をまるで援護するように、街のノラ猫たちが典子をいじめた者たちを追い詰め、恐怖におとしいれる。  給食にチョークの粉をまぜられ、トイレのモップで顔を拭かれ、お金を要求され、などは現実に典子に行われたこと。もしも自分が典子だったら、どこまでたえることができるだろうか? いじめる者の醜さ、弱さ、いじめられている者の悲しみがわかる本。

ベストレビュー

重苦しかった

娘が図書館で借りてきたものを読みました(宗田理さんの本が
読みたかったようです)。重い話で、読んでいて苦しくなりました。
娘も憤慨していました。
それでも。
悲しい結末にならなかったのでよかったと思います。
これは元になった話(読者との手紙のやりとり)が
あったのだということを最後に知って。読んでいるのは
つらかったけれど(特に娘はそうだったと思う)、でも、こういう
現実があるのだということ、そして、作家でもスポーツ選手でも
芸能人でも、見ず知らずの誰かを支えることだってできるのだよね、
ということを知ることができてよかったのではないかと思います。
(ぽこさんママさん 50代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宗田 理さんのその他の作品

角川つばさ文庫 ぼくらのいじめ救出作戦(29) / 劇場版アニメ ぼくらの7日間戦争 / 角川つばさ文庫 ぼくらのメリー・クリスマス / ぼくらの七日間戦争 / 角川つばさ文庫 劇場版アニメ ぼくらの7日間戦争 / 「ぼくら」シリーズ(26) ぼくらののら犬砦



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

いじめられっ子ノラ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット