宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
初版グリム童話集(2)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

初版グリム童話集(2)

著: グリム兄弟
訳: 吉原 高志 吉原 素子
出版社: 白水社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥950 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784560071656

新書判 並製 194ページ

出版社からの紹介

本来のメルヒェンとはどんなものだったのか。グリム兄弟が書き替えていく過程でいったい何が失われていったのか。グリム童話の本源に迫るうえで欠くことのできない〈初版〉の全訳。

〈初版〉の全訳
現在読み継がれているグリム童話集第七版では、白雪姫を殺そうとするのは継母だが、〈初版〉では実の母親になっている。グリム兄弟はこの童話の残酷さゆえに、初版の刊行以降みずから何度も書き替えを施した。しかしその過程で何かが失われたのではないだろうか。本来のメルヒェンとは何か、グリム童話の本源に迫るうえで欠くことのできない〈初版〉の全訳。

ベストレビュー

グリムの素材が楽しめマス

グリム童話はグリム兄弟が集めたドイツの民話集だと考えたら当たり前かもしれないのですが、類似した物語がいろいろと出てきます。まさに日本昔話の内容が、地方によって微妙に違うのと同じです。
初期のグリム童話集には、改訂をくわえるごとに形を変えていった物語の原型がふんだんにあると思います。
多少の粗雑さは、料理の素材を集めているような感じがあるのですが、初版でしか収録されていない作品も含まれていて、お得感のある一冊でした。

(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリム兄弟さんのその他の作品

あめふらし / 角川つばさ文庫 白雪姫と黒の女王 / グリム童話全集 / ハーメルンの笛吹き男 / シンデレラ / 初版グリム童話集(4)

吉原 高志さんのその他の作品

初版グリム童話集(5) / 初版グリム童話集(1) / いっしょがいちばん / 初版グリム童話集(3)



>絵本エイド ―こころにひかりを―

初版グリム童話集(2)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット