なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おどかさないでよ、ガオくん!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おどかさないでよ、ガオくん!

  • 絵本
作: トマス・テイラー
訳: 灰島 かり
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おどかさないでよ、ガオくん!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年06月19日
ISBN: 9784593505647

2歳から
26.0×28.5cm 32ページ

みどころ

ジャングルはきょうもへいわ。たくさんの動物がしずかにくらしています。
でもね・・・
ちいさなトラのガオくんは、しずかではありませんでしたよ。
「ぼくがガオーってほえると、みんなブルブルふるえちゃうぞ」
ガオくんは、じぶんが、世界でいちばん大きな声をだすトラだとしっていたんです。

木の実を食べるオウムにそっとちかよって「ガオー!」
大好きなどろにつかってのんびりしているヌーたちに「ガオガオー!」
その大きな声といったら。
「あいつのおかげで、ジャングルのへいわがだいなしだ」
こまった動物たちは、あつまって一計を案じます。
ある時、水をのんでいるガオくんに、みんなでそっとそっとちかづいて・・・
さあ、なにがおこったか、みなさんは想像がつきますよね!?

ジャングルの動物たちのとびっきりの声を、いっせいに叫んでみたら
パオーパオーパオー
ヒンヒンヒン
ガーガーガー
ムッキームッキー
大盛り上がり間違いなし!!
あれれ、ほえてばかりの、憎めないかわいいガオくんが、なんだかうちの子に見えてきたぞ。
声にだして動物たちの叫び声を楽しめば、子どもはきっと笑顔になりますよ。
作者はトマス・テイラー、やわらかな色づかいが印象的なイギリスの絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ガオくんのじまんは、せかいでいちばんおおきなこえをだせること。ガオガオ、ガルルルルー!!今日もおおごえでほえて、みんなをおどかしちゃうぞ!大きな声で読み聞かせをすれば、楽しさいっぱいの絵本。

ベストレビュー

相手からも同じことをされて気が付いたガオくん

ガオくんにしたら、大声で吠えることは自慢だったと思いますが、

驚かされてびっくりする方から見たら迷惑ですものね。

同じ方法で、ガオくんも仕返しされて、迷惑だとわからせたのも

よかったと思いました。気が付かないでいつまでも迷惑がられた

よりも相手にわかってもらうのも必要だと思いました。でも、まだ

まだ改心してないのか、亀さんを驚かせてひっくり返したり、裏表

紙も、カエルさんに吠えてますね(笑)
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トマス・テイラーさんのその他の作品

こちょこちょがいっぱい!

灰島 かりさんのその他の作品

ケルトの白馬[新版] / ケルト神話 炎の戦士クーフリン[新版] / ぼくのなまえはへいたろう / 絵本を深く読む / ランドルフ・コールデコット ―疾走した画家 / てっぺんねこ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

おどかさないでよ、ガオくん!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット