話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ようちえんのおひめさま
  • ちょっとためしよみ

ようちえんのおひめさま

  • 絵本
作: 種村 有希子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年06月11日
ISBN: 9784061325784

3歳から
24.0×22.0cm 32ページ

みどころ

「きのみようちえん」の子どもたちは、園庭にあるおしろがだいすきです。
毎朝、時計の針が9時にぴたりとかさなると、おしろからは陽気な音楽が流れ出し、とてもかわいらしいお姫さまと王子さまがおしろのしかけ時計から登場するのです。
「おひめさま おうじさま おはよう」
子どもたちの楽しみは、毎日ふたりにごあいさつすることだったのですが・・・。

ある夜、雨がざあざあふって嵐がやってきたのです。
次の日、昨日の嵐がまるでうそのように晴れました。でも、あれれ?おしろの時計が9時前で止まってしまったのでしょうか。時刻は9時になっているのに、音楽も流れず、ふたりは一向に姿を見せません。昨日の嵐で壊れてしまったみたい。子どもたちは、もう一度お姫さまと王子さまに会うためにいろいろ考えて試してみるのですが、どの方法もうまくいかなくて。

そんな時、ひとりの子がひらめいたのです!
「もういちど あらしを おこせば、いいんだよ。そうしたら とけいが びっくりして うごきだすかもしれないよ」今度はみんなで力をあわせて、大きな大きな嵐を呼ぶことに・・・。でも、一体、どうやって嵐を呼ぶの?

来る日も来る日も、壊れてしまった時計をどうにか動かそうと知恵をしぼる子どもたちの直向きさ。
なんて純粋な気持ちなんでしょう。そして、そんな時でさえ遊びを忘れない子どもたちの奔放で無邪気な様子がとても素敵な作品なのです。
作者は、絵本『きいのいえで』の種村有希子さん。その優しい色鉛筆の色彩がとても印象的です。
最後のおしろを囲む子どもたち、先生たちの笑顔が好きです。

「おひめさま おうじさま おはよう」
子どもたちの大きなごあいさつは今日も聞こえてくるかな?

(富田直美  絵本ナビ編集部)

ようちえんのおひめさま

出版社からの紹介

9時になったら園庭のお城から出てくるお姫さまが、みんな大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまい……

ベストレビュー

キレイだけど薄い色で遠目が利かない残念

絵はキレイで読みやすいです。個人的にはとても好きなタイプのソフトタッチでした。
この作品は作者の2冊目のようです。
子どもたちの表情、画用紙にクレヨン「パステル」で描いた時のような色の質感(素材感)がとてもいいなぁと、思いました。

てるてる坊主を時計台の柵に逆さにして付けていく子どもたちを描いているページが、私は一番好きです。
全体優しいパステル調なので、あまり遠目が利きません。
大勢いる場所での読み聞かせでは、ちょっと見ずらい作品かもしれません。(家で実験してみました。少し離れて読んでみたら、うちの子は見えなかったそうです。)
少人数、またはひとり読みをおススメします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


種村 有希子さんのその他の作品

まなちゃんはおおかみ / うれしいぼんおどり / まじょのむすめワンナ・ビー / あのこのたからもの / キノキノとポキの ふしぎなみ / きょう、おともだちができたの


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ようちえんのおひめさま

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

ようちえんのおひめさま

みんなの声(9人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット