わたしたちのえほん わたしたちのえほん
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
しぜんにタッチ!ぴっかぴかすいぞくかん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しぜんにタッチ!ぴっかぴかすいぞくかん

  • 絵本
文・構成: なかの ひろみ
写真: 福田 豊文
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年06月
ISBN: 9784865490053

21×24cm/28P

出版社からの紹介

〈掃除の様子から、水族館のおもしろさを大発見!!〉
水族館の水槽やプールは、いつもきれいに掃除されています。
それは、見学者が見やすいことはもちろん、さまざまな生き物
たちが健康に過ごすための大切な作業でもあるのです。本書では、
スタッフたちの生き物ごとに異なる掃除の様子を写真で紹介。工夫が
いっぱいの掃除の仕方を通して、生き物や働く人にも注目します。

○大きな水槽では、ダイバーがアクアラングをつけて掃除をする。
○早く泳ぐまぐろにぶつかると危ないから、まぐろの水槽では
ヘルメットをかぶる。
○鋭い歯を持つさめの水槽では、危険を避けるため、人間が檻に
入って掃除をする。
○いるかは空気を吸って息をするので、水を抜いてプールの掃除を
する。
…など興味深いことがらがいっぱい。

ベストレビュー

おそうじ、おそうじ

 面白かったです。水族館の水槽の中のお掃除について教えてくれる写真絵本です。

 「水中掃除機」なんてものがあるんだ、と初めて知りました。そして、ペンギンの水槽を掃除する時は寒いので、かなり厚着。イルカの水槽は水を抜いてから大急ぎで掃除。大きな水槽では潜って魚たちにぶつからないように掃除。それぞれに適切な掃除の方法があるのですね。

 そして、なんといってもインパクトがあったのは、サメの水槽の掃除。危害を加えられないように、人間がオリに入るなんて!!気をつけて下さいね。ご苦労さまです〜。

 そして最後の方、ピッカピカになった珊瑚の水槽が、ドーンと開いて4ページ分、みごとに現れます。熱帯魚もいてとってもキレイ。

 水族館の裏方の仕事を知り、ちょっぴり、水族館通になった気分です。
(なみ@えほんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかの ひろみさんのその他の作品

サメ だいすき すいぞくかん / こどもどうぶつえんのみんなの一日 / しぜんにタッチ!もぐもぐどうぶつえん / へんないきものすいぞくかん ナゾの1日 / クラゲすいぞくかん / どうぶつえんの みんなの1日

福田 豊文さんのその他の作品

ほんとうの おおきさで みてみよう! パンダの あかちゃん / ほんとうのおおきさでみてみよう! だれのあし? / パンダでおぼえる 英会話 / パンダでおぼえる 四字熟語 / パンダでおぼえる ことわざ慣用句 / イヌとネコのふしぎ101


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > しぜんにタッチ!ぴっかぴかすいぞくかん

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

しぜんにタッチ!ぴっかぴかすいぞくかん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット