つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
馬の草子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

馬の草子

絵・文: 井上 洋介
出版社: 福音館書店

作品情報

発行日: 2012年01月01日

4歳〜5歳向き
26X19cm 32ページ

出版社からの紹介

「馬の草子」とは、馬のおとぎばなしのことです。今はずっと昔、お十夜の夜に、大きな馬が川に立っているという言い伝えがありました。あるとき、その川に橋がかかりました。すると、その橋の上をとおるとき、通るものは馬になってしまうのでした。犬も、法師も、孫とおばあさんも、旅の女の人も・・・・・・、なんでも橋の上では馬になり、わたると元に戻るのです。 井上洋介氏の描くナンセンスの絵本、たくさんの想像とともに、隅々まで子どもたちと楽しんでください。

ベストレビュー

昔話風な

井上洋介図鑑展で原画を見ました。

昔話風の作品です。橋の上を通ると不思議なことにみんな馬に変身するのですが、橋を渡り終わると元に戻ります。

変身した人たちは、変身したことに気づいている風もなく、人だけでなく、牛も馬に変わります。

で、絵を見ていて思ったのですが、魚をかついでいた人の上の魚は馬にはならなかったので、大きさ制限があるのでしょうか。

井上さんの作品で変わってしまうというと『ふしぎなやどや』がそうではなかったかと思ったのですが、馬ではなくろばだったようでした。

昔話風の絵なのに、現代の風景が盛り込まれている場面が井上さんらしい遊び心です。

見ているお子さんがいつか気づいてくれるといいなあというお気持ちがあるそうで、私は美術館で展示の説明を受けたのでそのことを知ったのですが、ぜひ子どもたちと読んで見つけてほしいなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

出版社おすすめ


井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / まぼろしえほん / ホウホウフクロウ / きんのつののしか / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり



絵本レビュー大賞、結果発表です!

馬の草子

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット