ねんねのうた ねんねのうた
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
おばけたちと仲良くなって、ぐっすり眠りにつくまでのお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
「なぜ?」に答える科学のお話366
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「なぜ?」に答える科学のお話366

監修: 長沼 毅
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「「なぜ?」に答える科学のお話366」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年06月24日
ISBN: 9784569784076

小学低学年〜高学年
B5変型判・448頁

出版社からの紹介

『考える力を育てるお話366』『もっと! 考える力を育てるお話366』に続く、PHPのお話366シリーズの第3弾。生きものや自然などについてのさまざまなふしぎを、イラストを交えてやさしく解説した1日1話のお話集です。本書の特長は以下のとおりです。@さまざまなお話を通して、物事を科学的に見る目を自然に養うことができる。A1日1話、3〜5分程度で読める。B文章が平易で、読み聞かせ用としても、 ひとり読み用としても使える。Cすべてのお話に、理解度バロメーターになる 「おはなしクイズ」が付いている。D「おはなし豆知識」や「おはなしクイズ」を通して、親子で会話が弾む。Eお話の世界を広げる特集ページが充実している。Fすべての漢字にフリガナがあり、低学年のお子さまでも読める。G監修者の長沼毅先生からのメッセージもある「元素周期表」ポスターが付いている。

ベストレビュー

生き物、地球、宇宙まで・・何でも知れる

とても分厚く、かなり読み応えのありそうな本ですが、中を開けばオールカラーでひとつひとつの見出しが大きく書かれてあるので、知りたいことがすぐに探せるようになっていて、とてもわかりやすいです。

4年生の子どもが日頃興味を持っていたり、質問されるようなことが載っています。
例えば・・・
どうして走るとわき腹が痛くなるのか?
救急車のサイレンの音が変わるひみつ
しゃっくりはどうしてでるのか?
たけのこはいつたけになるのか?

などなど挙げだしたらきりがありません!だって365の質問に答えてくれているので。

表の索引から探すことも出来ますし50音順に探すこともできます。

子どものためと言いつつ、実は親の私のバイブルかもしれません。
子どもの質問を受けたら・・こそこそパソコンで調べていましたが、この本があったら、自分で読んで学んでいます。

フリガナがうってあるので、低学年からでも読めますが、ちょうど4年生の息子にぴったりだなと思います。

私が感心して読んで、知ってる?〜〜ってこうなんだって。というと、
誇らしげに、そんなこと知ってるよ!〜〜だからだよ。
とこの本に載っていることを誇らしげに教えてくれるようになって、頼もしさを感じています。

図鑑のように一家に一冊あると、役立つ本だと思います。

(Pocketさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長沼 毅さんのその他の作品

顕微鏡より見やすい・かわいい 微生物イラストキャラ図鑑 / 宇宙人っているの? / ポケット版 「なぜ?」に答える科学のお話100 / ココリコ田中×長沼毅presents 図解生き物が見ている世界 / 深海生物大百科 / 極限世界の生き物図鑑



文字がないからこそ物語を想像して感動できる一冊

「なぜ?」に答える科学のお話366

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット