ラズィアのねがい アフガニスタンの少女

ラズィアのねがい アフガニスタンの少女

  • 絵本
文: エリザベス・サナビー
絵: スアナ・ヴェレルスト
訳: もりうち すみこ
出版社: 汐文社

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年11月
ISBN: 9784811320595

小学校低学年から
A4判 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ラズィアは、村に新しく建設された女の子のための学校に通いたくて、おじいちゃんやお母さんに頼みますが...。少女たちのために実際に学校を建てた女性のノンフィクション絵本。

ベストレビュー

アフガニスタンの希望

アフガニスタン戦争のあおりで、教育の場を失った子どもたち。
タリバンの政策のために、極端に差別化された女性たち。
歴史事実に立ち向かった実在女性の物語です。
アメリカ在住のラズィアが、故国のアフガニスタンに帰国し、女性のための学校をつくる。
それは平和のためだけではなく、自由と平等のためだったように思います。
はじめはタイトルのラズィアは、学校に行きたい主人公ラズィアのことかと思いましたが、後から本人が出てきました。
でも、学校に行きたいと願う少女のラズィアは学校を作ったラズィアの分身かもしれません。
巧みな物語構成だと思います。
そして、キルトと絵を組み合わせた不思議な絵が印象的。
何のために学校に行くのか、子どもたちに今一度自問してもらいたいと思いました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 十二支のお雑煮
    十二支のお雑煮
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    十二支の動物たちが、思い思いにお正月を楽しみます。最後は、みんなでお雑煮をいただきます。
  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

もりうち すみこさんのその他の作品

ハナコの愛したふたつの国 / 十歳、ぼくは突然「敵」とよばれた 日系アメリカ人の政治家ノーマン・ミネタ / 11番目の取引 / 子ぶたのトリュフ / ライオンつかいのフレディ / ネルソンせんせいがきえちゃった!


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学、その他 > ラズィアのねがい アフガニスタンの少女

今月の新刊&オススメ絵本情報

ラズィアのねがい アフガニスタンの少女

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット