話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

宇宙遊星間旅行

宇宙遊星間旅行

  • 絵本
文: 中江 嘉男
絵: 上野 紀子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥3,850

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2014年07月
ISBN: 9784591140505

11歳以上
300×240mm/68ページ

みどころ

漆黒の色がうつくしい、画集のような大型絵本です。
登場するのは、斜視を気にして望遠鏡を片時も手放さない女の子、「チコ」。帽子を目深にかぶり、望遠鏡をにぎりしめるチコの表情はほとんど読み取れません。「望遠鏡」が連れてきた空間で、チコは「星」に会います。正装し手袋をはめた紳士で、顔の部分が白く光り輝く不思議な存在。天文や空間について哲学的な対話が織り込まれた、時空を旅するファンタジーです。

「光って いちばん速いんでしょ?」と問うチコに、星は言います。「宇宙にはもっと速いものがあります」「思考速は 思いをめぐらす速さのことです。想像する力 これは 光速でも追いつくことができません」。
「宇宙の果て」を「思う」ことができるかどうかと、星はチコにたずねます。できるなら、「宇宙の果て」に思考速が追いついたことになると。
思うことに速さがある――。驚きとともに、壮大なチコの旅(まさしく宇宙遊星間旅行)を、読者は一緒に味わうことになります。

本書は、作・中江嘉男さん、画・上野紀子さん。名前を聞いてあれっと思いませんか。そう、あの親しみやすい「ねずみくんのチョッキ」のシリーズのお二人なのです。1981年に初版が刷られましたが、のち絶版。復刊してほしいという声が根強く寄せられ、待望の復刊となりました。
おなじチコが登場する本に『扉の国のチコ』があります。お二人は『扉の国のチコ』を日本におけるシュルレアリスムの大家、瀧口修造に捧げ、『宇宙遊星間旅行』に登場する星の男も、瀧口氏を思って描いたそう。氏への深い思い入れがこの2冊ににじんでいます。

私たちだれもが、一瞬のうちにすぎていく過去にしか存在できず、宇宙の中で猛スピードで移動している。本書にひそむたくさんのメッセージに、生きていることの謎を根底からゆさぶられます。哲学的な問いかけが、ファンタジーとして昇華しているたぐいまれな絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

チコはいつも望遠鏡を持っていた。もしチコが斜視でなかったら、こんなにも望遠鏡を持ち歩いたりはしなかったであろう――。自己とは何かに迫るストーリーと、見るものを魅了する美しい絵。「ねずみくん」シリーズの著者による、深遠なる世界をお楽しみください。 ※この本は『宇宙遊星間旅行』(1981年 偕成社)の復刊です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中江 嘉男さんのその他の作品

扉の国のチコ

上野 紀子さんのその他の作品

ねずみくんのピッピッピクニック / ねずみくんはめいたんてい / ねずみくんの絵本(既刊36巻) / ねこのジョン / ことりとねこのものがたり / ねずみくんの LUNCH BOX



「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

宇宙遊星間旅行

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット