まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おひるねちゃんとできるかな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おひるねちゃんとできるかな

  • 絵本
作・絵: 宮野 聡子
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おひるねちゃんとできるかな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年06月16日
ISBN: 9784774613826

2,3 歳
200 × 200mm/32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ふわふわしたひつじのピコちゃん一家とくらす、はりねずみのプッコ。
おきにいりの毛布をもって、あっちへうろうろ、こっちへうろうろしています。
おひるねにぴったりの場所をさがしてるんですって。
「きょうは どこに しようかな?」

ぬくぬくの手ぶくろに入ろうとしたら、「いまから つかうのよ」とピコちゃんにいわれたり、くらくていいところを見つけた!と思ったら、ピコちゃんのパパの足が入ってきたり(ながぐつだったんですね)。
なかなか寝る場所を見つけられないプッコ。
ピコちゃんはふわふわの腕でプッコをだっこし、いっしょに家のなかをあちこちさがしまわってくれますが・・・?

やさしい色づかいが、ほんわかしたお話の雰囲気にぴったり。
ひろーい家のなかで、じぶんにちょうどいい場所をさがして、ぼうしやガラス瓶にもぐりこむ、ちいさなプッコがかわいいです。
どこでどんなふうにおひるねするか。それって、子どもには、じつは大問題。
ここではねたくないよ、あっちがいいよ、おきにいりの毛布がなくちゃいや、とぐずる子に、困ってしまう経験、おかあさんやおとうさんならきっとありますよね。
そんな幼い子のこだわりの心を、一緒にお話を読むことで受けとめてあげられる、親子のねんねトレーニングにちょうどいい絵本かもしれません。

さて、プッコのおひるねは、どうなったかしら。
いい場所は見つかったかな?
やっぱりおひるねってきもちいいよね、と寝顔にささやきたくなる絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

おひるねちゃんとできるかな

出版社からの紹介

ピコちゃんと暮らす、ハリネズミのプッコは、お昼寝をしようと、大きなおうちのなかで、のんびりできる場所をさがしていますよ。プッコにぴったりのお昼寝の場所はどこかな?「パンツちゃんとはけたかな」の続編的作品です。

ベストレビュー

愛らしい!

ひつじのピコちゃんのお話シリーズの1冊です。
パステルカラー調のほんわかしたイラストも魅力的で,小さい子供の可愛らしさをよく醸し出しているな〜と思いました。
1〜3歳くらいのお子さんにぴったりな愛らしいシリーズ絵本ですね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮野 聡子さんのその他の作品

おかいもの なんだっけ? / おねしょちゃんとなおったね / ねんねん どっち? / ともだちのひっこし / いちばん しあわせな おくりもの / ひなまつりのちらしずし



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

おひるねちゃんとできるかな

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット