なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむしの試し読みができます!
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ダーウィンが見たもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ダーウィンが見たもの

  • 絵本
作: ミック・マニング ブリタ・グランストローム
訳: 渡辺 政隆
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ダーウィンが見たもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年06月15日
ISBN: 9784834080469

自分で読むなら・ 小学中学年から
24X28cm/48ページ

出版社からの紹介

「生きものは、少しの種類からいろいろな種類が分かれてきたのではないか」と考えたダーウィン。発表当時大きな論争を巻き起こした進化論の足跡をたどります。

ベストレビュー

初めてしることばかり。

10歳の息子と読みました。

ダーウィン=進化論 程度の知識の私。
ダーウィン=冒険家?と勘違いしていたらしい息子。

6年間もいろいろなところを旅をして、
その結果「進化論」が導き出されたことを、
私はこの絵本で初めて知りました。

ある意味冒険家、ある意味生物学者。
そして、時の教会の見解に真っ向から反対する種の起源を
書いておきながらも、
「主教に立ち向かうくらいなら死んだ方がマシです。」と
自分を指示してくれている友人に手紙を書いたダーウィンの
以外な一面に、申し訳ないけどちょっと笑ってしまいました。

ダーウィンが若い頃は何をやっても一生懸命になれずに
ダラダラすごしていたり
入学した大学も肌に遭わずに再度別の大学を
受けなおしていたりしたことも、とっても興味深いですね。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミック・マニングさんのその他の作品

ママってすごいね! / がぶり もぐもぐ! / みんなのからだ / あかんぼうがいっぱい!

渡辺 政隆さんのその他の作品

100の知識 第4期(全5巻) / 100の知識(第4期)(5) 北極と南極 [図書館版] / 100の知識(5) ほ乳類 [図書館版] / 100の知識(4) 昆虫とクモ [図書館版] / 100の知識(3) 鳥類 [図書館版] / は虫類と両生類



『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

ダーウィンが見たもの

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット