もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ブルーとオレンジ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ブルーとオレンジ

  • 児童書
著者: 福田 隆浩
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年07月03日
ISBN: 9784062832304

四六判/223ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「ぼくはピラミッドの下のあたりにいる人間なんだ。」
現役教師が描く、痛いほどリアルな教室内カーストと、その解決への確かな希望!

いい返したいことが山ほどあった。でもいえなかった。
心のなかで考えたことは、いざ口から出そうとすると、どこかに吸いこまれていくんだ。ビューンてね。
それに、八木沢くんが、ぼくの話を聞いてくれるはずがないってことはもうわかってた。だってさ……ぼくはピラミッドの下のあたりにいる人間なんだよね。
(中略)
ぼくの武器っていったいなんなんだろう?
そのときぼくは、まるでとりつかれたみたいになって考え始めてた。
自分の身を守ることができてさ、できるならこれ以上嫌な目にあわなくてすんでさ、いろんなことに立ち向かっていけてさ、まあ、そこまでぜいたくはいわないけど、とにかく今よりは過ごしやすくなるような武器。
――<ブルーの章より>

だって、クラスのなかでの峰岸さんの存在っていうか影響力はすごいもん。みんながみんな、いつも彼女の顔色をうかがってるんだからね。
こんなのって、以前はなかったと思うなあ。でも高学年になってみて、気がつけばそうなってたの。力関係が決まってしまったっていうか、そうなったらもうなかなか逆らえないっていうか……。
(中略)
「ねえ、お姉ちゃんさ。うちの武器ってなんだと思う?」
「あるよ、あんたの武器。すごいのが。知らないの?」
――<オレンジの章より>

小五の“ぼく”はクラス内の上下関係を敏感に感じ取りながら、何とか平穏にやり過ごすことのみを心がけて、嘲りのようないじめに日々耐えていた。そんなある日、クラスの男女で観戦していたサッカーの試合中に監督が言った、「自分の武器はなにか、考えろ」という言葉が頭に残る。そして、自分の武器を発見した“ぼく”は見事にカーストの下克上に成功するのだが……。
一方、同じクラスの“うち”は明るい世渡り上手な性格で、クラス内のちょっと嫌な雰囲気の力関係の中でも無難に毎日を過ごしていた。だが、ある女の子へのいじめをどうしても見過ごせず悩み、やはり同じサッカーの監督の言葉を聞いていた“うち”は自分にできることは何か、真剣に考える。
スクールカーストといじめにさらされている子どもたちの姿が痛いほどリアルに描かれている。人間の上下関係が生むどうしようもない理不尽さに立ち向かい、戦う勇気を与えてくれる衝撃作。

ベストレビュー

いじめに立ち向かう

ハーフに見えないハーフのブルー、きりきりして見えるけど意外に気弱なオレンジ。

いじめから脱出するために、禁断の横投げをし認められるハーフの小学生、ブルー。でも認められるきっかけになった、、かっこいい伊藤君が犯人かと思い、挑んでいきます。その姿はなかなかかっこいい。

そして、オレンジ。女の子にもあるいじめで、逆らいにくかったけど、根回ししながらやめさせようとしていきます。伊藤君、ブルー、まおたち、みんなが味方してくれるので、素敵でした。

先生はだめだよねえと思いながら読みました。

非常に良い作品でした。
(えみりん12さん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

福田 隆浩さんのその他の作品

おなべの妖精一家(2) ワロンカフェ、本日開店です! / おなべの妖精一家(1) ワロンの料理をめしあがれ!  / 香菜とななつの秘密 / 幽霊魚 / ふたり / わたしがボディガード!?事件ファイル 蜃気楼があざ笑う



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

ブルーとオレンジ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット