いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ペニーさんのサーカス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ペニーさんのサーカス

  • 絵本
著: マリー・ホール・エッツ
訳: 松岡 享子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年07月09日
ISBN: 9784198638313

小学校低学年
A4判変型

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ある夜、ペニーさんの動物家族のひとり、
やぎのスプロップは聞きなれない動物の話し声を耳にします。
声の主を探しに来たスプロップたちは、
木の上にいたクマのオラフとチンパンジーのスージーに出会います。
彼らは大嵐に紛れて、サーカスから逃げ出してきたのだそうです。
「サーカスに帰りたくない」という2匹の願いを聞いたペニーさんは、
サーカスの団長さんに、2匹を売ってもらえないか交渉することにしました。
でも、貧しいペニーさんには、2匹を買うお金なんかありません。
それでも冬の間だけ2匹を預かることになりました。
スージーとオラフから、芸を教わった動物たちはめきめきと技を磨いていき、ついには…。


絵本としてはちょっと長めのおはなしは、
物語を楽しめるようになった4、5才のお子さんにオススメ。
サーカスのテントで馬やブタ、牛などが芸を見せる場面では、
生き生きとした動物たちがページの隅々まで描きこまれていて、
観客のにぎやかな歓声まで聞こえてきそうなくらい臨場感にあふれています。

色鮮やかなモノクロ世界の絵本『もりのなか』で世界中を魅了した巨匠・マリー・ホール・エッツの大人気シリーズ完結編。
1961年に出版された日本未翻訳作品が、ついに発売となりました。

(木村春子  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

馬やヤギなど、いろいろな動物となかよく暮らしているペニーさんのところへ、ある夜、サーカスからにげだしたチンパンジーとクマがやってきました。もうサーカスにはもどりたくない、というふたりに、心やさしいペニーさんは…? 『もりのなか』などで知られるエッツの古典絵本。ロングセラー『ペニーさん』『ペニーさんと動物家族』に続くシリーズ第三作・完結編。徳間書店の子どもの本・20周年記念作品。

ベストレビュー

優しいお話

とても長いお話ですが、エッツらしい丁寧な描き方による絵は白黒とおもえないくらいの奥深さがあります。ペニーさんの優しい眼差しは動物を愛するエッツの眼差しとおもいました。ただたんにかわいがるだけでなく動物たちの気持ちをくんだうえで一緒に暮らすという方法は素敵でした。
(もぐもぐもぐもぐさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マリー・ホール・エッツさんのその他の作品

どうぶつたちのナンセンス絵本 / ねずみにぴったりの のりもの / ロベルトのてがみ / いどにおちたぞうさん 改訂版 / ねずみのウーくん いぬとねことねずみとくつやさんのおはなし / おやすみ、かけす

松岡 享子さんのその他の作品

ワンダ・ガアグ グリムのゆかいなおはなし / ワンダ・ガアグの「グリムのむかしばなし」について / おぼえること(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ3) / 選ぶこと(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ2) / グリムのむかしばなし2 / お話とは(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ 1)



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ペニーさんのサーカス

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット