しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
トラネコとクロネコ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トラネコとクロネコ

  • 絵本
作・絵: 宮西 達也
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年09月05日
ISBN: 9784790252795

4歳から
263×213mm 28ページ

みどころ

野原に落ちていた桃を見つけて、とりあいをはじめたトラネコのたまと、クロネコのブルース。
自分のほうがヒゲが長くてかっこいいとか、しっぽが長くてステキだとか、自慢しあいっこがはじまります。
ネコのくせにねずみがこわかったり、魚がきらいで捕るのもへただったり、木登りが苦手だったり・・・。
お互い、苦手なことをちくちくと責めあう、たまとブルース。
最後にはかけっこで勝負をつけることになりますが・・・。

さて、トラネコのたまとクロネコのブルース、勝ったのはどっち!?
・・・といっても、宮西達也さんのファンにはもうお分かりですね。
勝負のお話だけで終わらないのが、みやにしワールド。
お互いに「おれはこんなことができるんだぞー! こんなにすごいんだぞー!」って自慢したい気持ちは、人間誰しもある、心の動きです。
だけど、張りあっているうちに、だんだんお互いのことを心配し助けあうようになるのも、友達だからこそ、ですよね。

ネコを描いた宮西達也さんの絵本は『にゃーご』『ちゅーちゅー』、そして今回の『トラネコとクロネコ』で3冊目。
それぞれ違う心をテーマに描かれているそうですから、読み比べてみてくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

トラネコとクロネコ

出版社からの紹介

自分のことを世界一かっこいいと思っている、トラネコとクロネコ。オレのほうがかっこいい! と自慢しあっているうちにけんかになってしまって…。宮西達也先生の待望の作品です。本当は仲よしだけど、けんかをしてしまうことってありますね。自分のことは自慢して、相手のことをけなしてしまうことも。けれど、いざ大変なことがあったら、お互いに助け合うのが友だちです。この作品には、姉妹作『にゃーご』『ちゅーちゅー』(鈴木出版)もあります。合わせて、お楽しみいただければ幸いです。

ベストレビュー

仲良しっていいなあ

娘が、「『にゃーご』だ!!」
と言うので見てみたら、ほんとうだ。
でも、タイトルは違う。
どれどれ?と思って中身をめくると、
友達がテーマのお話でした。
トラネコとクロネコが自慢しあって
口げんかして、最後は…というストーリーです。
子どもたちがやりそうな口げんかで、
身近に感じたようです。
にゃーごの続編とかそういうことではないのですが、
友達=仲良しっていいなあって思える絵本でした。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮西 達也さんのその他の作品

キラキラッとほしがかがやきました / さるとびすすけ 愛とお金とゴキZのまき / ヒヒヒヒヒ うまそう / またまた さんせーい! / かいてみよう カタカナ (2) / ほうちょうさん ききいっぱつ



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

トラネコとクロネコ

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット