新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
武器より一冊の本をください 少女マララ・ユスフザイの祈り
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

武器より一冊の本をください 少女マララ・ユスフザイの祈り

  • 児童書
著: ヴィヴィアナ・マッツァ
訳: 横山 千里
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年11月
ISBN: 9784323072821

小学高学年
四六判/184ページ

出版社からの紹介

一人の子ども、一人の教師、一冊の本、一本のペン それで世界は変えられる―――
教育のために闘う少女マララ・ユスフザイの物語

マララ・ユスフザイ国連スピーチ抄録掲載

タリバン支配下にあるパキスタン。女性への教育の必要性や平和への願いを訴えたがために、わずか15歳のマララ・ユスフザイはタリバンの標的にされ、頭部に銃撃を受ける。
奇跡の回復を遂げた彼女は国連で教育の重要性をスピーチし、最も若いノーベル平和賞の候補者になった。マララが銃撃を受けるに至ったパキスタンの状況と、マララの現在までの歩みをイタリアのジャーナリストが追う。

ベストレビュー

マララ・ユスフザイという少女

この本を読んで、史上最年少のノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイは、受賞するに必然的な運命と、そのための生き方をしてきた少女であると痛感しました。
タリバンの残忍な襲撃は衝撃的でしたが、圧力に屈しない生き方を幼い頃から培って来たことに感動しました。
多くの人民の命を奪い、自由を奪い、余りに理不尽な事を強制するタリバンの恐怖のに対して毅然としていられたのは、親の力と自身の信念でしょう。
国連でのスピーチの素晴らしさについても、マララだから語れたのだと納得しました。
パキスタンの現実を知るためにも、価値ある一冊だと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヴィヴィアナ・マッツァさんのその他の作品

グレタ・トゥーンベリ

横山 千里さんのその他の作品

最後の手紙


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > 武器より一冊の本をください 少女マララ・ユスフザイの祈り

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

武器より一冊の本をください 少女マララ・ユスフザイの祈り

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット