虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
偕成社文庫 ビルマの竪琴
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

偕成社文庫 ビルマの竪琴

  • 児童書
作: 竹山道雄
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥700 +税

「偕成社文庫 ビルマの竪琴」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1976年02月27日
ISBN: 9784036502103

小学校高学年から
B6判

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

戦争への反省と平和への希求という大きなテーマに真正面からとりくみ、格調の高い文体によって人びとに大きな感動をあたえた、戦後児童文学作品のなかの古典ともいえる名作。

ベストレビュー

今更ながら深いなと感動しました。

今年(2015年)は戦後70周年の節目に当たったからでしょうか、それとも息子が小学校高学年になったからでしょうか、私の父(息子にとって祖父)が息子へ買ってくれたのがこの本でした。

この『ビルマの竪琴』は、私の小学生時代ですら、必ず夏の推薦図書になっていましたし、今は渋い演技派俳優として知られる中井貴一さんが、若い頃、水島上等兵として出演した映画も制作され、「水島、いっしょに日本に帰ろう」という名文句がとても印象的な作品として心に残っているのですが、正直に告白すると、これまでしっかりと読んだことはありませんでした。

あらためて読んでみて、本当に陳腐な言葉ですが、心が揺さぶられました。戦場へ行き、毎日、殺すか殺されるかの日々を送っていたら、人間は残虐になるか無気力になるか、精神的に壊れないわけがありません。この部隊は、歌を歌うことで、その人間的精神を保っていたのでしょうね。あらためて高尚だなと思いました。

また、水島が帰国を断念した理由も、年をとったからでしょうか、自分には出来ない選択だけれども、理解が出来るようになったと思います。本当に戦争は悲劇しか生まないものだと悲しくなりました。

そして、私が今回、この本の中で一番印象に残った箇所は、人生で一度坊主になる国と兵士になる国との違い、そして、前者は決して金持ちになることはないかもしれないけれど精神的に満足した生活が送れる国、後者は発展を遂げるけれども絶えず他者と競う国であること、どちらが幸せなのかと作者が投げかけているところに、うっと唸り声をあげたい感情に駆られました。戦後数年で、このような冷静な目で国際社会や日本の姿をさらっと言いのけているところに、戦争への反省とその逆に今幸せであることの重さを知らされたような気がします。そして、思わず息子にどちらの人生がいいか聞いてしまいました。

高学年から対象となっていますが、ウチの息子には深いところまでは、しっかりと理解できていないようでした。むしろ、歴史を学んだ中学生や高校生に是非、読んでもらいたいなと思う本でした。でも、息子のように小学生の間に一度読んでみることにも、最初の一歩としてとても有意義だったと思います。本当に、特に今、これからの日本の姿に揺れている今、大切なことを教えてくれる名作だと思いました。再度、多くの人に読んでもらいたいです。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹山道雄さんのその他の作品

ビルマの竪琴



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

偕成社文庫 ビルマの竪琴

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット