宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おこじょの ユキ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おこじょの ユキ

作: あんびる やすこ
絵: 藤本 四郎
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おこじょの ユキ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年11月
ISBN: 9784790251231

3歳児から
20.1×27.6cm(表紙20.7×27.9cm)
24ページ

出版社からの紹介

おこじょはおよそ半年で親と別れます。お話では、親と別れたユキが、自分の名前に疑問を持つことがテーマとなっています。
自意識の芽生えです。自意識が芽生えは、同時に心の葛藤も引き起こします。
けれど、その不安定な心を支えるのは友情。
心細いユキを励まし、自らの名前の由来を語ったチビチビに、ユキは次第に心を開いていきます…。絵からも野生の厳しさ、
日々刻々と移り変わる自然の美しさが伝わってきます。豊かな自然を始めから終わりまでじっくりとご覧ください。

ベストレビュー

応援したくなります!!

おこじょは生後半年で親と離れて生きていかなければならないのですね。
親の私はそれは寂しいな〜なんて感じてしまいました。
そして子供もきっと様々な葛藤の中(それが成長でもあるのでしょうが)生きていかないとなのですね。
自然界の厳しさも描かれていてよかったです。
心支えてくれるのは友情だったり、やっぱり自分を好きでいてくれる誰かなのでしょうね。
一人だけど一人じゃない!ですね。
きっとユキの親御さんも遠くで応援しているよ〜!!
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あんびる やすこさんのその他の作品

魔法の庭ものがたり(23) 100年ハチミツのあべこべ魔法 / ムーンヒルズ魔法宝石店(2) 空色トパーズとあたらしい友だち / ルルとララのおかしやさん(25) ルルとララのおまじないクッキー / なんでも魔女商会(26) らくだい記者と白雪のドレス / ムーンヒルズ魔法宝石店(1) 魔女パールと幸運の8つの宝石 / 魔法の庭ものがたり(22) ハーブ魔女とふしぎなかぎ

藤本 四郎さんのその他の作品

紙芝居 ダンプのゲンさん / 紙芝居 たこたこおさんぽ / 紙芝居 ぼくはきゅうじょ犬! / あの日とおなじ空 / サーカスさっちゃん / とかげさんちのおひっこし



『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

おこじょの ユキ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット