新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

きみも名探偵(9) ふしぎメールは事件の予感!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きみも名探偵(9) ふしぎメールは事件の予感!

  • 児童書
編: 日本児童文学者協会
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きみも名探偵(9) ふしぎメールは事件の予感!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年02月05日
ISBN: 9784035387909

小学校中学年から
20p×14p/206ページ

出版社からの紹介

おばあちゃんからのなぞのメールが事件の始まりだった…。身近に起こる不思議な事件を、主人公といっしょに推理し、解決しよう!

ベストレビュー

シリーズものですが。

探偵ものや推理ものや事件もののお話が最近好きな、我が家の小学校4年生の娘が、よく図書館で借りてくるシリーズ児童書です。
シリーズものですが、順番に読んでいかなくても問題なく楽しんで読んでいます。
どんどん読めるのがシリーズものの嬉しいところでもありますね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

出版社おすすめ


日本児童文学者協会さんのその他の作品

真昼のキョーフ / 夜明け前のキョーフ / 真夜中のキョーフ / やがて、物語は逆転する / そして、物語は決着する / 物語は4つの顔をもつ


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > きみも名探偵(9) ふしぎメールは事件の予感!

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

きみも名探偵(9) ふしぎメールは事件の予感!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット