なすのぼうや なすのぼうや
作: 久住 卓也  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なすのぼうやは小さなむらさき色のぼうしが大のお気に入り。ところが、そんなぼうしが風にとばされてしまいました。どうしよう!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
わたしの研究(7) タガメはなぜ卵をこわすのか?−水生昆虫の<子殺し行動>の発見
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしの研究(7) タガメはなぜ卵をこわすのか?−水生昆虫の<子殺し行動>の発見

  • 児童書
文: 市川 憲平
絵: 今井 桂三
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わたしの研究(7) タガメはなぜ卵をこわすのか?−水生昆虫の<子殺し行動>の発見」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年10月21日
ISBN: 9784036346707

小学校中学年から
22p×16p/158ページ

出版社からの紹介

タガメの〈生き方〉を研究するうちに、世界で初めて昆虫界での「利己的遺伝子」を解明した著者が、水生昆虫の生態を紹介します。

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

市川 憲平さんのその他の作品

わたしの研究(10) 田んぼの学校・タガメビオトープの1年

今井 桂三さんのその他の作品

つれてこられただけなのに 外来生物の言い分をきく / 小学館の図鑑NEO まどあけずかん 英語つき むし / どうしてそんなかお?虫


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 生物学 > わたしの研究(7) タガメはなぜ卵をこわすのか?−水生昆虫の<子殺し行動>の発見

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

わたしの研究(7) タガメはなぜ卵をこわすのか?−水生昆虫の<子殺し行動>の発見

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット