新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
ケストナー−ナチスに抵抗し続けた作家

ケストナー−ナチスに抵抗し続けた作家

  • 児童書
著: クラウス・コードン
訳: 那須田 淳 木本 栄
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥3,080

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ケストナー−ナチスに抵抗し続けた作家」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1999年12月15日
ISBN: 9784038142000

中学生から
22p×16p/404ページ

出版社からの紹介

激動の時代を生きのび、自由と平和の意味を訴え続けたケストナー。児童文学だけでなく、時事評論家としても活躍した生涯を描く。

ベストレビュー

たくさんの顔を持つ人

 今まで、「ケストナー=ドイツの児童文学作家」 としか思っていませんでしたが、この本を読み、ケストナーは、演劇作家、詩人、脚本家、小説家、エッセイストなど、実は、多くの顔を持つ人だったと知りました。

 出生の秘密、マザコンともいえる母との関係、家庭環境、女性関係など、一人の人間としてのケストナーも描かれていて 興味深かったです。中に挟まれている子どもの頃からの何枚もの写真からは、内にたくさんのものを秘めている人という印象を受けました。

 ナチス政権を批判し、そのことから身の危険を感じつつも、「時代の目撃者」でありつづけるために亡命しなかったケストナー。強い意志を感じます。そして、彼がドイツで生き延びることができたのは、運が良かったこともありますが、本物の実力者であったからではないかな?と思いました。なにしろナチスが、自らに刃向かうケストナーの実力を無視できずに、外国での出版を認め、外貨獲得のために利用しようとしたのですから。 

 子どもの頃、ただ楽しく読んでいた「エミールと探偵たち」や「飛ぶ教室」ですが、ケストナーの人生を知った上で、今 読むと、また違ったものが見えてくるのかな?と再読したい気持ちになりました。
(なみ@えほんさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


那須田 淳さんのその他の作品

タイム・ジャンパーズ(2) / 波乱に満ちておもしろい! ストーリーで楽しむ伝記 豊田佐吉 / もし、水がなくなるとどうなるの? 水の循環から気候変動まで / 黄色い星 ユダヤ人を守った国王とデンマークの人たち / 10歳までに読みたい世界名作 第4期 既3巻 / おはなしSDGs 未来からの伝言 SDGsガイドブック

木本 栄さんのその他の作品

ロドリゴ・ラウバインと従者クニルプス / トーマス・マン ショートセレクション 道化者 / 世界名作ショートストーリー ヘルマン・ヘッセ 子ども時代より / ひみつのプクプクハイム村 / 14歳、ぼくらの疾走 マイクとチック / ミルクマンという名の馬


絵本ナビホーム > > ケストナー−ナチスに抵抗し続けた作家

ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

ケストナー−ナチスに抵抗し続けた作家

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット