話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
マングローブの木ーアフリカの海辺を緑の林にー

マングローブの木ーアフリカの海辺を緑の林にー

  • 絵本
文: スーザン・L・ロス
コラージュ: スーザン・L・ロス
文: シンディ・トランボア
訳: 松沢 あさか
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年07月
ISBN: 9784378041384

小学校中〜
23×28cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

紅海に面したアフリカの小さな国エリトリアに、ハルギゴというまずしい村がありました。十分な食料が手に入らず、人びとはいつもおなかをすかせ、飼っているヤギやヒツジも同じようにおなかをすかせていたのです。
 そんなところへひとりの科学者、ゴードン・サトウ博士が訪れて、村人たちの生活が楽になるよう手をさしのべました。すべての始まりは、ある特別な木でした。

    これがその木、
   海辺に植えられた
   マングローブの木。

 本書は、詩と散文で交互に語りながら、博士の「マングローブ植樹プロジェクト」が、まずしい村を、どのように自足できるコミュニティーに変えていったかを案内しています。

ベストレビュー

素晴らしいコラージュで語る緑化対策

アフリカの海辺にマングローブの木を植えて、ヤギやヒツジの家畜類の生息を可能にした緑地化プロジェクト。
ノンフィクション絵本ですが、この絵本は内容だけではなく、コラージュも素晴らしいと思います。
筆をいっさい使わず、ハサミとピンセット、デンプン糊などをつかって作られている(カバーより)独特の技法で、物語を描いていることに感動しました。
日系アメリカ人として収容所で生活した体験が、支えになっているという植樹プロジェクトの発案だという、とてつもなく粘り強い活動にも心打たれました。
貴重な学習絵本だと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おしょうがつバス
    おしょうがつバス
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    だれが一番に初日の出をみるか、眺めのいい丘まで、干支の動物たちが競争です。除夜の鐘を合図に、しゅっぱ

松沢 あさかさんのその他の作品

宮廷のバルトロメ / あおむしのぼうけん / わたしにはパパだっているもんね


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > マングローブの木ーアフリカの海辺を緑の林にー

堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

マングローブの木ーアフリカの海辺を緑の林にー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット