もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ふるさとにかえりたいーリミヨおばあちゃんとヒバクの島
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふるさとにかえりたいーリミヨおばあちゃんとヒバクの島

  • 絵本
写真: 島田 興生
文: 羽生田 有紀
出版社: 子どもの未来社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月
ISBN: 9784864120715

B5判 上製

出版社からの紹介

水爆実験の愚かさと“ヒバク”の危険性を訴える写真絵本!

1945年、リミヨおばあちゃんの住む島のとなりで水爆ブラボーの実験があった。白い灰がふり、多くの人たちが病気になっていった。うまれる前に死んでしまうあかちゃんもいた。たくさんのおかあさんが、泣いた…。 あれから60年、海も空もきれいに見えるけど私たちは知っている、水爆ブラボーがまきちらした毒はまだ消えていまない。ビキニ環礁の水爆実験で被曝したリミヨおばあちゃんを主人公に、水爆実験の愚かさと“ヒバク”の危険性を訴える写真絵本です。

ベストレビュー

ふるさとを奪われた人たち

水爆実験で故郷を失った人たちのお話です。
第五福竜丸の物語は絵本でも知っていたけれど、ビキニに暮らしていた人たちは、強引に故郷から引き離された犠牲者なのです。
あどけない人々の写真と歴史事実が組み合わされた写真絵本。
このお話が過去のものではないことを、福島原発の事故で私たちは知りました。
より身近な問題として、国と人と放射能の問題関係を考えたいと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


島田 興生さんのその他の作品

舟がぼくの家



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

ふるさとにかえりたいーリミヨおばあちゃんとヒバクの島

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット