もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ぼくは うさぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくは うさぎ

  • 絵本
作: 山下 哲
絵: 福田利之
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年07月
ISBN: 9784251098771

幼児から
A4判/32ページ

みどころ

女の子が思わずキュンとなるカーネーションピンクの表紙。
真ん中にまんまるになってコロンといる子はだれかな。

耳がたれた少し大きめのウサギ。その名も「ころん」。
ころんとねっころがるから、ころんとさえちゃんが付けました。
あるとき、遊びに来た友だちに「いぬを飼っているのね」と聞かれ、「うん」と言ってしまったさえちゃん。
そんな様子をみていたころんは、さえちゃんが嘘つきにならないように、いぬになろうと決意するのです。いろいろなことを試してみます。でもできないの。だってころんはウサギなんだもん。
でもね、一つだけ、いぬらしくて自分ができることを見つけたの。それはね・・・。

ウサギの表情を見ていると、おんなじ顔に見える。
でも、きっといろいろなことを考えて、いろいろなこと感じているのかな。頑張るころんが、一生懸命さえちゃんを想う本当の気持ち、きっとさえちゃんに届いたよね。

愛くるしいウサギのお話をピンクのリボンでくるんだようなギュッと「可愛い」がつまったスイートな世界。作者は、山下哲さんと福田利之さんコンビ。この絵本のモデルにもなっている「ロップイヤー」というタレ耳のウサギは本当に犬に似ているのだそうですよ。作者の山下さんはロップイヤーのうさぎちゃんを9年飼っていたそうです。だからこんなにも愛情たっぷりのかわいいうさぎちゃんのお話が生まれたのですね。
ウサギに興味が湧きました。キュートなころんちゃんに絵本の中で出会ってくださいね。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

ぼくは うさぎ

出版社からの紹介

ころんは、さえちゃんちのうさぎです。ある日、お友だちが遊びにきていいました。「わあ、かわいい。いぬをかっているのね」。…ころんはびっくり! うさぎだけど、たれ耳なので、犬とかんちがいされてしまったのです。そこで、ころんはいっしょうけんめい、犬になる練習をはじめました。大人気のイラストレーター福田利之が、盟友・山下哲のうさぎ愛あふれる文章を、最高にかわいらしく描きました。優しさがグッと心に響く絵本です!

ベストレビュー

表紙がキュート。

たれ耳うさぎの「ころん」の心情が愛らしく描かれています。
さえちゃんを想うゆえのころんの行動が可笑しくもあり可愛くもあり微笑ましかったです。
表紙のイラストが,「ピンクにたれ耳うさぎ」キュートで開いてみたくなりますね!
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


福田 利之さんのその他の作品

ねずみのシーモア / ロシアの絵はがき30文字 / 祈る子どもたち / 赤い金魚と赤いとうがらし / いまからノート / 福田利之といくフィンランド



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

ぼくは うさぎ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット