おてて だあれ? おてて だあれ? おてて だあれ?の試し読みができます!
作: ふくなが じゅんぺい 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
おててが どうぶつに大変身! 親子で楽しむ、手あそび絵本。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
シロガラス(1) パワー・ストーン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シロガラス(1) パワー・ストーン

  • 児童書
著: 佐藤 多佳子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年09月
ISBN: 9784037502102

小学5・6年生から
19cm×13cm/237ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

狛犬のかわりに、カラスの石像をもつ白烏(しろがらす)神社。
パワー・スポットとしてひそかに人気がありながらも、古くから「三つのなぞ」が伝えられている。
1つ目は片方しかいないカラスの石像、2つ目は、拝殿の天井に描かれた幼児の落書きのような絵、3つ目は、石の台座に立てられている、不思議な力を持つといわれている星明石(ほしあかりのいし)。
この白烏神社の長である佐一郎の孫、小学5年生の藤堂千里は、毎年行われる伝統行事の子ども神楽で重要な役である剣士を務めている。しかしメンバー不足で子ども神楽の存続が危ぶまれ、神楽を踊った日の夜、千里を含むクラスメイト6人が新たな踊り手となるよう告げられる。選ばれたのは、千里のいとこの藤堂星司、親友の筒井美音、クラスのボス的存在の北川礼生、大人しいが並外れた頭脳をもつ三上数斗、クールできつい性格の岡崎有沙。まったくバラバラの個性を持つ6人はさまざまぶつかりあう。そこにさらに、周りで不思議な出来事が起こりはじめて…。いったいなにがおこっている?

設定が現代で、登場人物も自分の身近にいる誰かとそう変わらない友達や親戚たち。お話を読んだ子ども達は、不思議な出来事が遠くはなれたどこかのお話ではなく、今いる日常からなにかが始まるかもしれないというワクワク感に包まれるのではないでしょうか。神社という古代から伝わる日本の神を祭った神聖な場所が舞台になっているところも何かが起きそうな予感に満ちていて、ページをめくりながら期待が高まります。

作者は、『一瞬の風になれ』『サマータイム』などリアルな少年少女の日々や心情を描く作家として知られる佐藤多佳子さん。この巻でも、人物の外見の描写や、内面の心の動き、それぞれの関係性などが丁寧に描かれ、生き生きとした子ども達の姿が大きな魅力です。10月に2巻、11月に3巻が発売、以降も4巻、5巻とまだまだ続くという「シロガラス」シリーズ。1巻で見え隠れする謎がどんな大きな謎につながっていくのか、どう解明されるのか、続きが楽しみです。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

佐藤多佳子の長編エンターエイメントシリーズ!

地元でパワー・スポットとして知られる白烏神社。そこにくらす藤堂千里は、古武術の天才少女だ。例大祭の夜、子ども神楽の剣士をつとめたあと、めずらしくうたげの席によばれた千里は、そこに意外なクラスメートたちの顔を見ておどろく。仲よしばかりではない。「敵」もいる。ぶつかりあい、まよいながら生まれる新しい関係。やがて六人は、とんでもない不思議に遭遇する。 『一瞬の風になれ』『サマータイム』の佐藤多佳子が、構想10年、満を持して書き下ろす長編エンターテイメントシリーズ開幕!

ベストレビュー

なかなかおもしろい!

レビューを見て、小学三年生の娘にいいかな、と思い図書館で借りてきました。
が、まだ読めない漢字が結構あるようでちょっと早すぎたようです。

ということで、親が読んでみました。
1巻は、いがみ合う二人といろいろな性格の子供達が、こども神楽を一緒にやる羽目になるいきさつを描きつつ、伏線がたくさんちりばめられつつ…と言った感じで進んでいきます。
まだまだ、物語の入り口に立ったところ、というところで終わるのですが。

どこから引き込まれたのか、よく覚えてはいないのですが、気が付けば続きが知りたくて読み進んでいました。
登場人物の子供達が生き生きと描かれているせいでしょうか。
そして、最後のパワーストーンの下りはドラマの様な終わり方でした。
続きが気になる!

最初は、バラバラだった子供たちがこども神楽で団結していく…というストーリーかと思っていたのですが、今後カラスのフォーも含め、思ってもみない展開が待っていそうです。
(まおずままさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 多佳子さんのその他の作品

シロガラス(5) 青い目のふたご / シロガラス(4) お神楽の夜へ / シロガラス(3) ただいま稽古中 / シロガラス(2) めざめ / 聖夜 / 第二音楽室



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その3

シロガラス(1) パワー・ストーン

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット