新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ぼくのニセモノをつくるには
プラチナブックメダル

『 ぼくのニセモノをつくるには 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

ぼくのニセモノをつくるには

  • 絵本
作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年09月20日
ISBN: 9784893095916

257×205mm 32P 上製

この作品が含まれるシリーズ

▼ 絵本とあわせて欲しい♪マスキングテープやトートバッグ、付箋など。
>>ヨシタケシンスケグッズはこちら


みどころ

宿題、お手伝い、部屋の掃除……。
やりたくないことがいっぱいの男の子は、とあるアイデアを思いつきます。

「お手伝いロボットを買って、そいつにぼくの代わりになってもらおう!」

ところがロボットは、ニセモノだとバレないためにあなたのことを教えてほしいと、しつこくしつこく質問してきます。

「『ぼくは○○』って感じで、いっこずついってみましょうか。」

ぼくは「できることとできないことがある」。
ぼくは「マシーンでもある」。
ぼくは「いろんな居場所がある」。
ぼくは「ひとりしかいない」。

「しかたなく考えてみたけれど、自分のことを話すのって、むずかしくてめんどくさい」

はたして男の子は、ロボットをりっぱな「ぼくのニセモノ」に育てることができるのでしょうか?

大ヒット作『りんごかもしれない』に続いて、ヨシタケシンスケさんが独特の視点で描く「考える絵本」!
こんどのテーマは「自分自身」。

どれだけ偉大な人間になるかよりも、どれだけ自分のことを好きかどうかが大切。
場所によって自分の役割は違うから、それぞれによって自分を使い分けている。
他人の目から見た自分はそれぞれにちがうから、自分のことを知っている人間の数だけ自分のイメージがある。

大人にもむずかしい、そんな「自分らしさ」という哲学を、とぼけたテイストでやさしく考えさせてくれます。

みどころは、主人公の男の子のかわいらしさ!
彼が、どんな友だちに囲まれ、どんな家族に育まれ、どんな未来を想像しているのか――。
シンプルながらとても感情豊かな、ヨシタケシンスケさんのそのかわいらしい絵も相まって、物語がすすむにつれて明らかになっていく男の子の個性が、とても愛おしく感じられます。

小学生から高校生、もちろんもっと大人まで、幅広くいろいろな年齢の人に読んでほしい、考えさせられることの多い作品。
もっと幼いころに出会っていたらと、惜しく思わせるほどの一冊です。

さあ、いよいよ「ぼくのニセモノ」が完成!
いつまでバレずにいられるでしょうか……?

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

けんたくんは、やりたくないことをやらせるために、おてつだいロボを買いました。ロボは完璧なニセモノになるために、けんたくんのことをあれこれ知りたがります。「自分らしさって?」、「人からどう思われてる?」考えれば考えるほど、複雑でややこしい。だけど、なんだかちょっとたのしくなってきて......

ベストレビュー

自分を知ること

自分にそっくりなニセモノをつくるには、自分の事をインプットしなければいけない。
そのためにけんた君は、自分分析を始めます。
よくもここまで自分の事を列挙できるものだと感心しますが、笑いながらもとても奥深いものを感じました。
自分ってどういう人間なのか、考えれば考えるほどすごい存在に思えて来ますよね。
でも、どんなに頑張っても、自分のニセモノを作るのは大変なようです。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヨシタケシンスケさんのその他の作品

楽しみ方リーフレット付き It Might Be an Apple イギリス版 / どうしちゃおうボックス / かもしれないボックス / トーマス・マン ショートセレクション 道化者 / 大人も知らない? ふしぎ現象事典 / あんなに あんなに


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ぼくのニセモノをつくるには

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

ぼくのニセモノをつくるには

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.68

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 35人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット