虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
空へ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

空へ

  • 児童書
作: いとう みく
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年09月09日
ISBN: 9784338287029

小学校高学年から
四六判/222ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「投げ出さないことだよ 苦しいときほどさ―」

いつも元気でたくましかったとうちゃん。そんなとうちゃんの突然の死。六年生の陽介は、かあちゃんと陽菜と三人で暮らすことになります。生活のために忙しく働くかあちゃんとまだ幼い妹陽菜を守ることに懸命になる陽介。けれどもまだ小学生の自分にはうまくいかないことも多いし、やりたいこととの折り合いをつけるのも難しい、家族を最優先に守りたい一方であきらめなきゃならないことも増えていく…。
そんな陽介に、かあちゃんが言うセリフがぐっときます。
「できないことを“しかたない”ってあきらめるんじゃなくて、いま大事だと思うことを、かあちゃんは自分で選択したの。選んだの。」
「あきらめるんじゃなくて、選ぶの。考えて、ちゃんと自分で」

お話は「おかゆ」「水きり」「くちば色」「いつか」「兄弟」「神輿」の連作短編集。
陽介の前に立ちはだかる、複雑な家庭環境の少年との交流、クラスで一番人気のある女子の万引きの場面、幼なじみのお兄ちゃんがいじめられている現実…どれも考えさせられるエピソードばかり。自分の痛みを抱えながらもその1つ1つに向き合い、なんとか力になろうとする陽介。やがて、「神輿」の季節がやってくると、陽介はとうちゃんが大好きだった神輿担ぎにはじめて挑戦することに決めるのですが…。

現代の子どもたちの心情を生き生きと描き、子どもたちの心をぐっと掴む筆致で人気のいとうみくさんの最新作。『糸子の体重計』で日本児童文学者協会新人賞を受賞し、2013年刊行の『かあちゃん取扱説明書』では小学生の共感を大きく呼びました。今後の作品も楽しみな、近年どんどん注目が高まっている作家さんです。

表紙いっぱいに広がる真っ青な空は、主人公の陽介を包みこむかのようにやさしく、見上げると胸の奥から力が湧いてくるような、そんな存在のように感じられます。
さまざまな現実にぶつかり、悩み、揺れる主人公と同世代の高学年から中学生の子たちへ。
また真っ直ぐに一歩一歩前に進む陽介の姿は大人の心にもじんわりと効いてくるようです。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

空へ

出版社からの紹介

父親の突然の死により、母親、妹とのちいさなアパートでの三人暮らしがはじまる。誰かを守ろうとすることも、守り切れないと泣くことも辛い。痛みと孤独を背負った少年の、その一歩一歩がかなでる鮮やかな心の成長の物語。

ベストレビュー

祈ります。

いとうみくさんの児童書は、子供達の気持ちや真理を丁寧に上手に書かれているなぁといつも思います。
読み手の子供達にとって、自分とはまた違った環境に置かれた本の中の登場人物達の気持ちを考え想うことは、人としてとても身になるものに思います。
健気な登場人物達。。。でも親の気持ちとしては、子供達がみんな恵まれた温かい環境の中で育って大人になってほしいと祈らずにはいられません。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう みくさんのその他の作品

朔と新 / きみひろくん / 車夫 / 大渋滞 / 天使のにもつ / トリガー



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

空へ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット