話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
かぜをひいたおつきさま

かぜをひいたおつきさま

  • 絵本
作・絵: レオニート・チシコフ
訳: 鴻野 わか菜
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年09月30日
ISBN: 9784198638658

5歳から
294x214mm/25ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

今晩はどしゃぶりです。
お月さまもびしょぬれ。
風邪をひいて、浮かんでいるのもつらくなったお月さま。
地面におりて湿った草の上で横になっていました。
その様子を偶然見つけたイワンさんは、
熱があるお月さまを連れて帰って看病することにしました。

お月さまとの交流を描いた優しく美しいお話。
作者は、ロシアの現代美術をリードするアーティストであり、
イラストレーターのレオニート・チシコフさん。
チシコフさんは、2003年から「僕の月」というアート・プロジェクトの中で、
光る三日月のオブジェを世界各地で撮影し、残しています。
現実の世界にお月さまが本当に地上に降りてきているような素敵な情景。
その世界観を絵本で表現したのが本作です。

お月さまとイワンさんが語らうシーンはなんとも幻想的で
居心地の良い上質な静かな時間が流れていきます。
二人の交流とどこまでもロマンチックで夢のある描写にうっとりとする絵本です。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

ある晩、大雨でびしょぬれになったおつきさまは、かぜをひいて、ねつを出してしまいました。草の上でよこになっていると、イワンさんという青年がやってきて、家で看病してくれました。おつきさまがよくなると、ふたりはいろいろな話をしました。3日たち、おつきさまはそろそろ空にもどろうとしましたが、自分でのぼることができません。そこでイワンさんは…? 友だちのいない青年とおつきさまとの絆を描く、現代ロシアの心あたたまる絵本。

ベストレビュー

お月様だって。

ファンタジーのような心温まるお話です。
お月様も毎晩出て、時に雲に遮られ時に雨に濡れて、お疲れ様です。
風邪をひいちゃう時もあるかもですよね、お疲れ気味の時もあるかもですよね、お月様だって。
イラストもとっても素敵な絵本でした。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > かぜをひいたおつきさま

3月の新刊&オススメ絵本情報

かぜをひいたおつきさま

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット