虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
はじまりの はな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はじまりの はな

  • 絵本
文: マイケル・J・ローゼン
絵: ソーニャ・ダノウスキ
訳: 蜂飼 耳
出版社: くもん出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年09月26日
ISBN: 9784774323411

小学校低学年から
31.0×23.8cm 32ページ

みどころ

バラ色のほっぺたをした渡り鳥のローザは、どの花よりも早く春を告げ、長く咲く、じぶんのほっぺたと同じ色の<ほっぺのはな>が大好き。
草木が枯れ、秋から冬へと季節がかわりはじめても、ローザは動こうとしません。
仲間たちが「そろそろでかけよう。みなみのあたたかいばしょへ」と声をかけ、ローザはあわてます。「もうすこしまって」
草で編んだバッグに<ほっぺのはな>の種を入れ、最後まで咲いていた花をつみ、ローザは飛び立ちました。
まだ若いローザは、大人の鳥たちのようにうまくとべません。首にかけたバッグが重く、仲間から遅れはじめます。
つかれたローザはやがてゆっくりと落ちていき・・・大きな川に落ちてしまいます。
犬がローザを助け、自分の家へ連れていきました。犬のミールと飼い主のアンナは、ローザをなぐさめ、おだやかな時が流れます。ミールがバッグを見つけ、アンナが種を植木鉢にまき、やがて小さな芽を出して・・・。

堂々とゆたかに描かれた絵画的な美しさが印象的。灰色のローザの羽根一本一本、犬のミールの毛まで、さわったらあたたかさが伝わってきそうなソーニャ・ダウノスキの絵が、日本に絵本として紹介されるのははじめてです。
文章を書いたマイケル・J・ローゼンは、ロバート・サブダとのしかけ絵本『ハヌカーのあかり』の文章や、『イライジャの天使――ハヌカとクリスマスの物語』などを書いています。そして訳は、絵本『うきわねこ』(産経児童出版文化賞ニッポン放送賞受賞)の文章を手がけ、ますます活躍の場を広げる詩人、蜂飼耳さん。
原題The Forever Flowers(永遠の花)のとおり、季節とともに枯れてはまた咲く、別れと出会いがくりかえされる切なさと、永遠につづいていく美しさが画面いっぱいにとじこめられています。まるでこの一冊の本が<ほっぺのはな>の種が入ったバッグのように――。

大好きなものを決して手放さなかったローザの気持ちを、子どもたちはよくわかるでしょう。そしてそれ以上のものを本から感じとるに違いありません。
大人が読むのにもおすすめ。絵本をひらいたそこに、季節が流れる。そんなすばらしさを感じさせてくれる本がまたひとつ誕生しました。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

はじまりの はな

出版社からの紹介

渡り鳥のローザは、自分のほっぺたと同じあかい色をした、〈ほっぺのはな〉が大好き。秋になり、たびだつときがきても、〈ほっぺのはな〉の種をはなそうとしない。渡りのとちゅう、つかれて川に落ち、仲間とはぐれたローザは、犬のミールと、飼い主のアンナに助けられた。ミールとアンナの家で、〈ほっぺのはな〉を育てながら、みないっしょに冬をすごし、春をまつ・・・季節のめぐりとともに訪れる出会いと別れを、すいこまれるほどに繊細な絵と、ふっくらとやわらかなことばで描いた、珠玉の絵本。

ベストレビュー

絵本というより芸術作品

ひと目で良い絵本とわかる本ですが、やはり絵がすばらしいです。絵本でここまで芸術的な絵を使ってしまっていいのだろうかとうろたえるほど美しい。どこかラファエル前派の絵画を思わせる静的で端正な絵は、感情的な面を排して描かれている分、かえって感傷的で強く印象に残ります。ダノウスキの作品が日本に紹介されるのは初めてということですが、この人の作品をもっと見たいと思いました。言葉もうつくしい。イギリスの散文詩のような詩的なことばのひとつひとつが、これも感情を抑えて淡々と綴られており、その語り口が深く心に染みわたります。その語り口の損なうことなく訳された訳文がいいのだと思います。
絵、文章、翻訳、そのすべてが見事に調和した作品で、これはもう絵本ではなくひとつの芸術作品。子供向けとか大人向けとか関係ない、全年代向けの傑作です。

(おっち7133さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・J・ローゼンさんのその他の作品

ハヌカーのあかり / We’re Going on a Bear Hunt(きょうはみんなでクマがりだ)

蜂飼 耳さんのその他の作品

マザーグースのうた / ふくろうのオカリナ / きのうをみつけたい! / ちょっぴりおかしなどうぶつえん / みつばちさんと花のたね / イソップえほん アリとキリギリス



『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

はじまりの はな

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット