まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
池上彰の現代史授業 昭和編(1)昭和二十年代 戦争と復興
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

池上彰の現代史授業 昭和編(1)昭和二十年代 戦争と復興

監修・著: 池上 彰
編: こどもくらぶ
出版社: ミネルヴァ書房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年09月10日
ISBN: 9784623071630

AB/48ページ

出版社からの紹介

第1巻目の「昭和二十年代」では、日本が第二次世界大戦に突入していく背景から、朝鮮戦争、サンフランシスコ講和条約までをカバー。コラムではテレビの普及や歌謡曲の流行といった身近なテーマも取り上げ、子どもでもみずから興味をもって現代史を知ることができる。水木しげるら漫画界の重鎮三名による豪華イラストも挿入。
[ここがポイント]
◎ 池上彰先生の著・監修によるわかりやすい解説。
◎ グローバルな現代社会をいきる上で必要な基礎知識・教養が身に付く
◎ 戦争を知る漫画家、水木しげる先生・ちばてつや先生・森田拳次先生(書き下ろし)の3名による豪華カラー挿入画。
◎ 当時のようすをつたえる写真を豊富に掲載。
◎ 巻末には用語集、年表、さくいんを収録。資料性に富み調べ学習にも最適。

ベストレビュー

現代の根っこを子どもと考える

昭和20年代を現代というには、親も経験していない昔だと思ったのですが、読んでみると現代は戦後から始まっていることを痛感しました。
太平洋戦争は近代と現代を分割出来事だったのですね。
現代の根っこにあたる戦後時代は、現在を考えるためには知っておかなければいけないことが凝縮されています。
まずは、大人が復習する必要性を感じながら、子どもたちと学んでいきたいと思います。
分かりやすくコンパクトにまとめられているので、ありがたい児童書です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おべんとうブック
    おべんとうブック
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★はじめてのシールあそびに!★       おべんとう作りのおままごと感覚で遊べるシールえほん

池上 彰さんのその他の作品

ニュース年鑑2019 / 「戦争」と「平和」をあらわす世界の言葉  / 知っておきたい10代からの教養1 池上彰の中学生から考える選挙と未来 / ニュース年鑑2017 / これだけはしっておきたい日本地図 / きみに聞いてほしい

こどもくらぶさんのその他の作品

答えの出しにくいギモン / あたりまえを見直すギモン / 身近な生活のギモン / ユニバーサルデザインがほんとうにわかる本 3 / 折り紙学 起源から現代アートまで / 10か国語でニッポン紹介



寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

池上彰の現代史授業 昭和編(1)昭和二十年代 戦争と復興

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット