話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

蛙となれよ冷し瓜 一茶の人生と俳句
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

蛙となれよ冷し瓜 一茶の人生と俳句

  • 絵本
文: マシュー・ゴラブ
絵: カズコ・G・ストーン
訳: 脇 明子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年08月27日
ISBN: 9784001112481

小学3・4年から
A4判変型・上製・40頁

みどころ

「雀の子そこのけそこのけ御馬が通る」
素朴な情景が目に浮かぶ、この俳句をつくったのは?
そう、小林一茶。江戸時代に生きた俳人です。

一茶は、幼いときに母を亡くし、14歳で家を離れ江戸に向かいました。
その頃にはすでに寺子屋の先生にすすめられて、俳句をつくり始めていたようです。
その後、日本各地を旅し、自然や人間の暮らしをあたたかい眼差しで眺め、俳句によんでいった一茶。
人生の後半には何が待っていたのでしょうか…。

名前は知っていても、たくさんある小林一茶の作品についてや、
どんな生涯を送ったのか知らない方も多いはず。
本書は、一茶の俳句作品をひとつひとつじっくり味わいながら、
その生涯をもわかりやすく教えてくれるすてきな絵本です。
そしてこの絵本は、なんと、アメリカで出版されたものの翻訳なのです。
なぜ?と思われると思いますが、アメリカでは、文章を書く練習のために、俳句(Haiku)をつくる勉強をすることが多いそうです。びっくりですね! 
私もかつて、アメリカ人の若者に、一茶(Issa)を好き?と聞かれたことがあって、驚いたことが。
その理由がわかったように思います。

本書で選ばれている俳句は、どれも一茶らしい作品ばかり。
猫、雀、蛙、蝶など、子どもたちも大好きな可愛いもの、
小さいものがテーマの句が多いのもいいですね。
文は、国際関係学と日本語を専攻し、和太鼓が趣味というマシュー・ゴラブさん。マシューさんの句の解説はわかりやすく、日本の子どもたちも俳句に親しむ助けになりそう。カズコ・G・ストーンさんによる、日本的で美しい絵も魅力です。はじめて俳句に出会う子どもたちにおすすめの一冊。どうぞお楽しみください。

(長安さほ  編集者・ライター)

出版社からの紹介

江戸時代を代表する俳人,小林一茶の生涯を33の俳句を織り交ぜながらわかりやすく物語る,アメリカ生まれのユニークな絵本.幼くして母と死に別れた一茶は,さまざまな喜びや悲しみを17文字の俳句にこめました.それぞれの俳句には,自然の風景や生きものを愛情こめて描いた美しい絵と,英訳の短い詩をそえます.

ベストレビュー

子どもの頃読んだ伝記とは別の一茶像

この作品に触れて一番驚いたことは、作者がアメリカ人であること!
ついでに挿し絵は、日本人の方ではありますが、アメリカに渡米したイラストレーターさん(絵本の著書は多数あり)です。
邦訳は児童書の邦訳でもおなじみの脇明子さん。
すごく豪華な作り手です。

最近海外では、俳句などの日本文化を学ぶことがとても人気だそうです。(テレビで「盆栽」にハマる外国人の特集を見たことがあります。)

こうして改めて読むと、日本人でありながら、一茶の句は本当に有名ないくつか知らなかったのだと、改めてわかりました。
そして、「一茶」という人を外側の別の国の視点で見ることによって、こういう風に見えるのかという驚きもありました。
子どもの頃児童向けの伝記もので「小林一茶」は読んだはずですが、子どもの時にはわからなかった一茶の生涯を知ることができました。
1つ1つの詩とともに、その当時の一茶の境遇を知ることのできる素敵な作品です。
俳句に興味のあるお子さん、または、小林一茶に興味のある人にはお薦めです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マシュー・ゴラブさんのその他の作品

おまつりをたのしんだおつきさま

カズコ・G・ストーンさんのその他の作品

たまちゃんとしっぽ / ダンゴムシのコロリンコくん / はなび ドーン / だーれかな だーれかな / くさむらむらのおつきみまつり / みずくさむらとみずべむら

脇 明子さんのその他の作品

かじ屋と妖精たち イギリスの昔話 / 岩波少年文庫 北風のうしろの国(上) / 岩波少年文庫 北風のうしろの国(下) / 読む力が未来をひらく / ノウサギとハリネズミ / 岩波少年文庫 小公女


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学詩歌 > 蛙となれよ冷し瓜 一茶の人生と俳句

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

蛙となれよ冷し瓜 一茶の人生と俳句

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット