アニマルバスとパンやさん アニマルバスとパンやさん アニマルバスとパンやさんの試し読みができます!
文: あさのますみ 絵: こてら しほ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
見習いパンダバスのファンファンが見つけた、すてきなパンやさん。お客さんをあつめるために、バスたちが立てた計画とは…!?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
わたしの生まれた部屋
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしの生まれた部屋

  • 絵本

ベストレビュー

赤ん坊を生んだり、「死」を迎える部屋

旋律が優しい文章で、すらすら読めました。後書きで邦訳者の方が書いていましたが、この作品の時代背景は南北戦争の頃、リンカーンが人権宣言をしたり、黒人の奴隷解放運動が起きたりしていたころのことです。
主人公のジョージーナは、当時のアメリカではよくある普通の農家の家の子でした。
風習的に人が生まれたり、死を迎えたりする用の部屋というものがあり、この物語はその部屋での出来事を中心に時代と伴に進んでいきます。

とても悲しい身内の詩や新しい家族の誕生、初めて衛あった逃亡中の奴隷を匿ったりと、事件は老いのですが、ジョージーナの性格の表れなのか作者の書き方の癖なのか、
物語は淡々と進んでいきますが決して強引な進み方ではなく、心地よいまったりした時間の流れを感じました。

刺激の多い現代の子どもたちには、淡々としすぎていて味気なく感じるかもしれませんが、時間をかけてゆっくりと感じる人と人とのつながりや思いを味わってほしいなぁと、思いました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子14歳)

出版社おすすめ


ポール・フライシュマンさんのその他の作品

マッチ箱日記 / おとうさんの庭 / マインズ・アイ / ウエズレーの国 / 種をまく人

谷口 由美子さんのその他の作品

若草物語 1&2 / 講談社青い鳥文庫 8人のいとこ / 小さいママと無人島 / 講談社青い鳥文庫 サウンド・オブ・ミュージック トラップ一家の物語 / ローズの小さな図書館 / 身がわり王子と大どろぼう


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > わたしの生まれた部屋

世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

わたしの生まれた部屋

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット