いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
和食のすべてがわかる本(2) 郷土料理を知ろう 日本各地の和食
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

和食のすべてがわかる本(2) 郷土料理を知ろう 日本各地の和食

監修: 服部 幸應 服部 津貴子
編: こどもくらぶ
出版社: ミネルヴァ書房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年01月
ISBN: 9784623069743

AB/40ページ

出版社からの紹介

和食というのは、日本の気候・風土・歴史のなかで育まれてきた料理のことです。わたしたち日本人は、自然の恵みを活用し、素材の味わいを生かす調理法を発達させてきました。「一汁三菜」に代表されるように、和食の最大の長所は数多くの食材をバランスよく組み合わせ、だしをつかって調理する点です。第2巻では、地方色豊かな郷土料理を通して、日本の食文化を学んでいきます。

ベストレビュー

これって子供向け?

郷土料理は、その土地で得られる食材、生活習慣によって作られてきたものだと思います。
そう考えると良いのですが、さまざまな料理に目移りしたり、口うるさくなってしまったら怖いな〜と思わせる一冊です。
絵本の性格上、収録されている郷土料理には限定があると思うのですが、大人の私が見ても食べてみたいものばかり。
子どもには和食のすべてがわからなくても良いかな〜と思いつつ、絵本の構成と内容には感心させられました。

(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わたしのおかいもの
    わたしのおかいもの
    作:株式会社アーク・コミュニケーションズ 絵:わたなべ ちいこ 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★女の子の「大好き」を詰め込んだバッグ★ デパートでのお買い物を楽しめる、バッグ型しかけ絵本

服部 幸應さんのその他の作品

和食のすべてがわかる本(4) 和食からWASHOKUへ 世界にひろがる和食 / 和食のすべてがわかる本(1) 一汁三菜とは / 食育お弁当とごはん ベビ−ブックおすすめ / 食育のすすめ 豊かな食卓をつくる50の知恵 増補版 / 食育子どもごはん ベビ−ブックおすすめ / 紙芝居 りんごちゃん

服部 津貴子さんのその他の作品

和食のすべてがわかる本(3) 懐石料理を知ろう 和食とおもてなし

こどもくらぶさんのその他の作品

障がい者スポーツ・バリアフリースポーツ・UDスポーツ / 世界の外あそび学じてん  / ニュース年鑑2019 / 答えの出しにくいギモン / あたりまえを見直すギモン / 身近な生活のギモン



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

和食のすべてがわかる本(2) 郷土料理を知ろう 日本各地の和食

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット