新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに

ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに

  • 絵本
絵・文: たしろ ちさと
訳: ピーター・ミルワード
出版社: 女子パウロ会

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年10月
ISBN: 9784789607407

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

教皇フランシスコは、折あるごとに、今日の子どもたちがおかれている現代社会において排斥、疎外、貧困に苦しんでいる人々に心を向けるように呼びかけておられます。
 今年のクリスマス絵本『ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに』は、教皇フランシスコのこの思いに心をとめて、「クリスマスの日」は「みんなが幸せになる日」ということから、家族も友だちもいない見捨てられたミャーのお話を通して子どもたちの心に、小さいもの、弱いものに心をとめるやさしい心が育っていくための助けになればと願って、「ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに」を発行いたしました。
 サンタとミャーの出会いがお互いにとってかけがえのないものになったように・・・・・・。

ベストレビュー

考える。

一般的な日本の子供たちにとって、クリスマスはケーキを食べてプレゼントのもらえる日。
そのプレゼントも何の違和感もなく希望した物で、その希望するものは玩具だったり。
でもその一方で、クリスマスどころではない貧困の国の子たちもいるのも事実。
クリスマス自体さえ知らない可能性だってある。
もしそんな子供たちに願いを聞けたら、ほしいものは玩具なんかじゃないのだろうな・・・食料だったり衣服だったり暖かい布団だったり当たり前の日常に必要とするものなのだろうな・・・。
今年はそんなことも考えるクリスマスシーズン。
すべての子供たちにとって幸せなクリスマスであれば本当いいのになぁ・・・。
この絵本を読んで日本の子供たちにも何かを想ってほしいです。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たしろ ちさとさんのその他の作品

図書館のふしぎな時間 / しろちゃんとはりちゃん なつのいちにち / どうぶつ どんどん / ミミとピギーのベネチアりょこう / はなびのひ / せかいいち まじめなレストラン

ピーター・ミルワードさんのその他の作品

クリスマスってなあに / よろこびのひ / 森の絵本 対訳版


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに

今月の新刊&オススメ絵本情報

ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 7
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット